To order a new book by Mari Takenouchi and Dr. Bandazhevsky, send me an e-mail at takenouchimari@gmail.com Twitter: @mariscontact 私の主なブログは以下です!!ご覧ください!!!See my blogs below!! ↓↓↓↓↓

2014年3月19日水曜日

大拡散願い!竹野内真理の母から、刑事告訴下にある娘をさらに裁判に訴えるというネット上の人々へ

 
4月15日更新

2時間 「訴訟だるま」って呼んであげればいいんじゃない?(*´∇`*)
 
Ms. Nanaka Shimotani's tweet
"Why don't we call her (Takenouchi) a ball of flames as for lawsuit target?(*´∇`*)"
 

新たなる攻撃がラフコ株式会社の下谷七香氏から竹野内に!(写真はグーグル画像より。これをもって民事の弁護士を用意しろと脅す下谷氏はさらに私を訴えると脅している!)

Another attack to journalist Mari Takenouchi by a company CEO Ms. Nanaka Shimotani
(The photo is from Google Image.  With this listing of her photo, she is threatening Takenouchi for further civil accusation on top of anothe civil case she was implying.)


母が震えて怒っている下谷七香氏セリフ
Ms. Nanaka Shimotani's tweet which enraged my mother

念のためご忠告申し上げますが、私はさんほど甘くはないですよ。民事訴訟に強い弁護士をお探しになっておいて下さいね。(*´∇`*)

Let me give you warning to make sure.  I am not as sweet as . Be prepared and find a good lawyer for a civil case(*´∇`*)"
↑このふざけたツイートに私の81歳の母は激怒。

すぐに電話をしたいと4月11日の早朝から言っているが、下谷氏は直後からブロック。会社に電話してきたら、対処すると脅しながら、自分は、いまだにネット上の匿名の仲間たちと竹野内の誹謗中傷、さらなる訴えをする計画をしている。

株式会社ラフコのURL 

A company CEO, Ms. Nanaka Shimotani  

Against Shimotani's above word, my 81 year old mother is furious and asked her repeatedly to tell Shimoya's contact since she refuses to receive a phone call at her company.

Yet, Shimotani just blocked Takenouchi and still continues harrassing tweets with anonymous people on twitter.

さらに、4月15日、「息子の将来を守るため、私に訴訟を起こすという人に命を懸けて抵抗、情報拡散する」と言った私に、ラフコ社長下谷七香氏は、「命知らずだな。」の一言。これだって立派な脅迫に聞こえると思う

Further, on April 15th, when I tweeted, "I will resist and spread the information at my life at stake to protect my son from those who are trying to further sue me."

Then Ms. Nanaka Shimoya, CEO of Rafco, tweeted, "she doesn't mind losing her life"

I thought this was a threatening word.


End of additional information.

*********
母からの手紙を朗読する竹野内真理
Mari Takenouchi reading her mother's letter
 
@maibaba311、@ohagiya、@Promised_Land、@Chlothildeその他の人々へ

突然失礼いたします。
福島県出身の竹野内真理の母です。
皆様にどうしても申し上げなければならないことがあり、筆を執りました。
 
昨夜、娘より涙ながらの電話があり、私は耳を疑いました。
なんでも人一倍、正義感が強く、悪いことなど決してしたことのない娘が、福島のエートスという団体のリーダーより、刑事告訴を受けていると。親を心配させまいと、昨日まで黙っていたようです。
 
そして、あろうことか、貴方たちが、今度は、刑事告訴下にある娘を、ただでさえ、シングルマザーとして幼子を抱える娘を、さらなる裁判に追いやろうとしていると。
 
これは一体どういうことですか?母として、満身の怒りを覚えています。
 
ツイッターでのやりとりも娘にそのままいくつか読み上げてもらいました。
 
娘は昔から正義感が人一倍強い子で、おかしいと思うとしばしば強い言葉を使ってしまう傾向があります。
 
しかし、正当な理由がない限り、他人様にこのような強い言葉を使う子ではありません。むしろ娘は自分から人の陰口をしたり、誹謗中傷をするのが嫌う子でした。
 
一部始終を拝見しますと、どうも皆様の方から、皆様を全く知らない娘に誹謗中傷しはじめ、それに反応する娘の言葉を面白がりながら、拡散し、さらなる娘の人格を否定しているようにしか見えません。
 
しかも匿名で娘一人を集中攻撃していらっしゃるようですね。
 
聞いていて、母として胸がつぶれるほど、心を痛めました。
 
周囲の人は匿名の方たちばかりですから、まるで目が見えない人間に、石つぶてを四方八方から投げるかのように娘を痛めつけている行為に思えます。
 
そして、今回の裁判の話、常軌を全く逸しています。本当に怒りに震える思いです。
 
まずは、世間に広く、私の大事な娘の誹謗中傷を広めていらっしゃる皆さまは、ご自身のお名前と肩書を名乗るべきではないですか。話は全くそれからです。
 
ちなみに真理は、私ども老夫婦にとって、たった一人の娘です。
 
非常に繊細なところがある子で、小さい時は、「こんなに繊細で怖がりで果たして生きていけるのだろうか」と心配しながら育てた子です。
 
思春期、また米国留学を経て、かなり自分の意見をはっきり言う子には成長しましたが、それでも繊細な神経の持ち主であることは今も変わらず、私たちが気付かないようなことを、しばしば事の起るずっと前に憂慮して指摘するような子です。原発問題もそうでした。
 
そして、今娘は、シングルマザーとして4歳の子を抱え、沖縄で親戚もなく、全くの孤立無援です。
 
出産後は実家に戻らせておりましたが、シングルマザーとなったこと、死亡する可能性もあったくらいの難産で体調が思わしくなかったこともあり、出産直後の一時期は、「もう生きていたくない」と赤ん坊を抱えて涙していたこともあり、母として非常に心配した時期もあったくらいです。
 
しかし幸いにも体調も落ち着いてきたころに、真理は子供が可愛くて仕方なくなり、元来、真面目な子で働き者ですから今まで貯めていた自分の貯金で、なんとか自分と赤ん坊のための安いワンルームマンションを都内に購入、その直後3.11が起こり、手放すこととなりました。
 
そして沖縄で賃貸アパートに居住、そして福島の子供たちをどうしても助けたいと、ワンルームマンションを売った(当時は値下がりしてしまって東電を恨んでいたようです)貯金を切り崩してまったく収入にならない、お金が出ていくばかりの活動しているようです。
 
その活動をしながら、カンパを集めるという行為さえ、詐欺行為をしていると揶揄している人が大勢いると聞き、驚きあきれ、本当に怒っています。
 
3.11以降、娘は120万以上使い、その分はいまだに赤字であるのに、今度の告訴事件、そしてさらなる裁判をほのめかされているのですよ!
 
しかも娘は、3.11の十年以上も前から、自分の貯金から数百万円も反原発活動のために使ってきました。
 
派遣の通翻訳の仕事をしていましたが、時折は原発問題が大変だと言って、仕事と仕事の合間には、自分のお金が出ていくばかりのボランティアの活動に没頭しており、私自身、「あなたにとっては何の得にもならないのに、逆に損ばかりしているのに、なにもあなたがそこまでやらなくてもいいでょう?」と心配していた位なのです。
 
その娘を詐欺扱いするとは、正直、母は怒り心頭です。
 
いったいどういう目的でそういうことを言われるのですか?なんでもあなた方の冷やかしの後、カンパも激減したとのこと。
 
そして皆様からのさらなる裁判をするというほのめかし。
 
真面目に皆さんに伺いたい。沖縄で孤立無援の娘と孫を貴方たちは、飢え死にさせる気ですか?
本当にあなた方の目的は何ですか?どういう方々なのですか?
 
そしてこれだけ娘を実質的にも精神的にも痛めつけ、娘や孫になにかあったら、貴方たちは責任を取る覚悟がありますか?
 
それとも娘や孫に、万一のことがあっても、匿名を通し、知らぬふりをするつもりですか?
 
もしものことがあったら、私は絶対に貴方たちを許すことはありません。
 
というか、母としてそのような事態は何が何でも防ぐ責任があります。
それは子供がたとえいくつになっても同じことです。
 
まずはあなたたちの本名と連絡先を教えて下さい。
 
私たちの唯一の娘と唯一の孫にこれだけの常軌を逸した嫌がらせをする皆様方の名前と肩書を教えて下さい。
 
話はすべてそこからです。
 
私たち夫婦は既に80を超え、また真理の父親はもともとがんの大手術をやり、体に管がついている状態です。3.11以降体調の悪化激しく、片目が失明、歩行もできなくなっております。父親の方は、これ以上寿命が縮むと大変なので、この話をしていません。
 
しかし、貴方たちのことは、この80を超えた老母が覚えておきます。
 
まずはご自身のお名前と連絡先を教えて下さい。
 
そしてどうしても文句があるなら、母宛てにまず手紙をください。
(手紙は真理に送ってください。私はコンピュータを持っておらず、また介護せねばならない夫を抱え、住所を公開するわけにはいきません。ですから真理から送ってもらうことになります。真理は馬鹿がつくほど正直ですから、内容を変えるようなことはありません。)
 
今までの貴方たちから真理への行為と比較して、真理の方がより悪いことが具体的にあれというのであれば、母からきつく言い聞かせます。
 
刑事告訴下にある、真理をさらなる裁判に訴えるという事は、私たちの唯一の娘と唯一の孫の人生を崩壊させることを意味します。
 
母としては、貴方たちがなにを主張しているのか、知る権利があると思います。
 
 
どうぞよろしくお願いいたします。
 
竹野内敦子 (福島県出身)
 
 
荒城の月を演奏する母と私:母は福島の裕福な呉服屋(今はもうないですが)の娘でした。意外かもしれませんが、私も小さい頃は琴を習わせられました。
私を詐欺師と呼ぶ人々がいるという話に声を震わせて怒っていました。

 

 
なんと2011年3月に購入し、一泊もせずに手放すことになった都内のワンルームマンション。
この日は運命の3月15日で午後に息子と沖縄へ。母が昼前にきて孫をあやしている写真。
 
 

 追記


このページを書いたら、以下の人物から、私の母に対する脅迫めいたツイートが拡散されています。


以前から安東量子氏を擁護し、安東氏の「いいかげんに命が大事という極端な論法は止めよう」というおかしな理論を擁護する、弁護士の@motoken_twです。
 
彼は私の母からの手紙に対し、「何かあったら責任を取れるのか、という論法は脅迫の一種と見るべきで、批判封じの最低の物言いだと思う。」とツイートで拡散しています。
 
つまり、今まで大勢からネット上で誹謗中傷の嵐、さらには刑事告訴下の私をさらなる裁判をするという人々に対し、ネットの嫌がらせの被害者である娘と孫を守ろうとする私の母のことを、逆に「脅迫者」と断じているのです。
 
このような理不尽なことを言う人物を、京都弁護士会は容認しているのでしょうか。。。

Post Script
 
After I disseminated this page, I am being threatened by a lawyer called, Mr. Yoshiro Yabe, a member of Kyoto Bar Association. 
 
Mr. Yabe once supported, ETHOS leader Ryoko Ando's remark, "Let's no longer stick to the extreme idea of "life is important""
 
He is spreading the following tweet through his twitter account,
 
@motoken_tw
 
"Takenouchi mother's letter asking, "can you take a responsibility if something happened to my daughter and grandson" should be considered as a threat.
Her (mother's) remark is the worst kind of statement to avoid further criticism"
 
In another word, Mr. Yabe is calling my mother as an aggressor using threatning words. 
My mother is just trying to protect her daughter and her grandson under threat of further legal case by those who have been harrasing her daughter.

This is just extraordinary...
 
I wonder how such kind of person could stay as a lawyer, holding a membership of Kyoto Bar Association.

 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿