Books translated by Mari Takenouchi竹野内真理の翻訳本

Books translated by Mari Takenouchi 竹野内真理の翻訳本
『人間と環境への低レベル放射能の脅威(The Petkau Effect/ Original German: Der Petkau-Effect Katastrophale Folgen niedriger Radioaktivitat)』
『原発閉鎖が子供を救う(Radioactive Baby Teeth: The Cancer Link)』
『低線量内部被曝の脅威ー原発周辺の健康破壊と疫学的立証の記録(The Enemy Within)』
『内部被曝』(扶桑社新書)ーあとがき執筆

2014年3月12日水曜日

Collaboration of ETHOS in Fukushima and France 福島のエートスの面々がパリで仏原子力ロビーと非公開セミナー!(仏在住ジャーナリストコリンコバヤシ氏より)

2014年3月11日、福島事故から3周年のこの日、なんと福島のエートスの面々がパリで仏原子力ロビーと非公開セミナーを開いていました!仏在住ジャーナリストのコリン・コバヤシ氏が非常に興味深いレポートを現地から寄せて下さったので、以下に英語訳を付けて転載いたします。

On March 11, 2014, the 3rd year after the Fukushima accident, a private seminar was held in Paris among members of Fukushima ETHOS and French nuclear lobbies.

This precious report was brought by Mr. Kolin Kobayashi, a freelance journalist living in France.

http://echoechanges-echoechanges.blogspot.fr/2014/03/blog-post_11.htmlより

Below is the citation of the above with English translation and some notes by me.

Report from Paris: ETHOS Closed Seminar
エートス非公開セミナー闖入記/パリ
    


Today is March 11, the third year after the East Japan Great Earthquake.  The sky in Paris was clear and people are enjoying an Indian summer. 
I am now in the International Railway Hall for a meeting. (Originally the premise was supposed to be at CAP 15, but it was changed at the last moment.)  Railway Hall is the place where Aichi Expo was decided and there was a rally by environmentalists who opposed to the Expo. 
 
Today, there was a closed seminar by IRSN (French Radiation Protection and Safety Research Center) and CEPN (Center for Nuclear Protection and Evaluation), both of which were founded by French nuclear lobby. 
 
The seminar was closed, but I went into the hall during the coffee break.  The hall was small with only 54 participants and they were listening to lectures very quietly like students.

今日は3月11日、東北原発大震災の三周年である。パリは快晴で心地よい小春日和だ。
エッフェル塔、パリ日本文化会館のあるすぐ脇の、国際鉄道会館(予定されていた会場CAP15が急に変更になった。ここは過日、愛知万博の開催が決定された場所で、そのとき、万博に反対の環境派の人たちがデモった場所でもある) で非公開に開催されたIRSN(仏放射能防護・安全研究所)とCEPN (核防護評価研究センター:仏原子力ロビーによって作られたNPO)によって開催された非公開セミナーだが、コーヒー・ブレークの隙を見計らって、闖入した。54人ほどの参加者が入るちいさなホールで、皆学生のように、おとなしく聞いている。

After listening to Mr. Jyunichiro Tada (Radiation Safety Forum), Mr. Jaque Lochard (director of CEPN) stood up.  Then my comrade Ms. I sitting at end row of the hall called out,
 
"Mr. Lochard!?  Are you Mr. Lochard?  You had conducted ETHOS in Chernobyl.  Now you are trying to do the same in Fukushima though there is no effective protection against radiation or no safety regarding radiation.  But you are advocating as if these things can be done.  You are like criminal, and all the participants here are accomplices."
 
しばらく多田順一郎センセ(放射線安全フォーラム)のお説を拝聴した後、ちょうど,ロシャール氏が立ち上がったところで、仲間のI女史が、 彼に向かって最後列から呼びかけた。
「ロシャールさん、ロシャールさんはあなたですか。あなたはチェルノブイリでエトスをやった。福島でもやろうとしている。放射能に防護も安全も存在しないのに、あたかもそれが出来るように吹聴している。あなたは犯罪的で、ここにいる人たちも共犯者だ」。
 
The hall was thrown into a commotion.  Mr. Jacque Lochard was approaching her.  Mr. Otsura Niwa, the co-host ran up to her, too. Mr. Niwa furiously said, "This is a closed-seminar.  You are allowed to be here only if you are quiet.  But if you make the meeting into a caos, please leave!"
会場は騒然となった。ロシャールせんせは近づいてきた。共同主催者であろう丹羽センセもブットンできた。丹羽先生はすごい剣幕で、<ここは非公開のセミナーだ、静かに聞いている分には許すが、会議を混乱させるなら、出て行ってくれ>と。
 
Ms. Ryoko Ando, who she calls herself as "citizen activist" also hurried to the back of the hall. 
 
Seeing my face, she said,
 
"You are Mr. Kobayashi, aren't you?  How dare you wrote so much nonsense."  (Well, Ms. Ando seems to have read my book.)
 
例の自称<市民運動>のアンドーさんも(竹野内注:竹野内真理を刑事告訴している福島のエートス代表の安東量子氏、本名は鎌田陽子氏)、かけ参じた。私の顔をみて、<コバヤシさんですね。よくもでたらめをたくさん書いてくれましたね>と。ハハァ、なるほど拙著を読んでいる!
 
"Ms. Ando, you have been doing various things, haven't you?  By the way, with whose money did you come to Paris this time?" I asked.
 
Ms. Ando glared at me saying, "I cannot answer to your question.  There is no need to answer to your question."  She seems to be a type of person who never show any slight compunction over her deeds.  That is why she could direct ETHOS in Fukushima...I was fully convinced.
 
<アンドーさん、あなたもよく色々なさってますね。ところで、今回はどなたのお金で、こちらにいらしたんですか?>と私。<そんなこと、応えられません。返事する必要ありません>と言って、私を睨みつけている。まあ、盗人猛々しい風の人だ。こういう風の人だから、<福島イン・エートス>が出来るのだと、合点した。

We decided to stay a bit more and appreciated the lecture by Mr. Tada.  Hmmmm...people in the pro-nuclear side asset that radiation level can be lowered after decontamination.  They showed the data of Iidate village (one famous for high level contamination) map with much lowered radiation level after decontamination.

我々はしばらく留まることにして、多田せんせのご講演を拝聴した。なるほど、彼ら推進派の放射線防護の人たちは、除染すれば放射能は低くなり、飯舘村も除染したので、だいぶ低くなったと測定図を開陳する。

Map of Iidate village before and after decontamination work

Mr. Tada concluded that the reason why the socity is seeing some chaos is due to some anti-nuke people who raise different opinions, disseminating untruthful information, stressing the needs to have knowledgeable stakeholders.

そして、事故後、しばらく混乱が起こっているのは、反原発派の様々な異論や、いい加減な知識を持つ人々が、いい加減な情報を振りまき、世相を混乱させたからで、きちんとしたステークホルダーが必要だ、と結論。

As usual, pro-nuclear experts seem to convice and justify themselves through self-flattering explanation, which they never seem to make others understood.  They act as if they are on the right side and if their values are prevailed, everything can be solved.

相変わらずの独善的な結論で、原子力ロビーの専門家たちというのは、あたかも、自分で自分を納得、正当化しているような、他の考え方に対して理解してもらおうなどとは思わない。自分が一番正しくて、その価値観をきちんと普及させれば、すべてが解決すると言った風なのであった。

I excused myself in the middle of the seminar for another appointment.

私は、他の用事があったため、会場を後にした。

On her twitter, Ms. Ando shows off her sightseeing and eating delicious food in Paris.  This is the third year since the East Japan Great Earthquake and what she is doing seems to be quite disrespectful.

アンドーさんは、ツイッターで、あちこちパリ見物をして、グレメ三昧の生活を書き送っている。震災の三周年で、皆被災者は悲しみを新たにしているというのに、バチあたりなことである。

Most participants seemed to be experts and dedicated staff members from IRSN, which I think is a shameful organization.  Also attended were the staff from CEPN, OECD, ASN, and finally, Mr. Jacque Locard and Mr. Terry Schneidell.

(Translator's Note: The last two people visited Hiroshima in 2000 to talk about ETHOS in Belarus.  However, Ms. Ryoko Ando says that she came up with the idea of ETHOS by herself and even created the name ETHOS on her own!)

参加者の大半は、どうやらIRSNの研究者や専門職員のようだ。まったくあきれ果てた組織である。他に、CEPN, OECD, ASNの職員、そして、ロシャールせんせとシュネイデールせんせだ。

(竹野内注:ロシャール氏とシュネイデール氏は2000年にベラルーシのエートスの話をするために広島で講演をしている。ところが、福島のエートス代表の安東量子氏―本名:鎌田陽子氏)は、「エートスという概念もエートスという名前も彼女自身が発案した」としている。)


手記執筆 By コリン コバヤシ
Kolin Kobayashi

日本側の招待パネラー:Invited Japanese speakers

安東量子(エートス・イン・福島)Ms. Ryoko Ando (director, ETHOS in Fukushima)
* 安東氏についてはhttp://savekidsjapan.blogspot.jp/2014/02/ethos-leader-accused-takenouchi-of.html
 Please see Save Kids Japan; http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/01/rt-please-ethos-leader-accused.html

伴信彦(東京医療保健大学)Prof. Nobuhiko Ban (Tokyo Health Medical University)
*伴信彦氏については http://koukaishitsumon.blogspot.jp/2013/07/blog-post.html
Please see http://koukaishitsumon.blogspot.jp/2013/07/blog-post.html for Professor Ban.

早野龍五(東京大学)Prof.Ryugo Hayano (Tokyo University)
*早野氏に関しては、http://koukaishitsumon.blogspot.jp/2013/01/blog-post_30.html
Please see for Professor Hayano.  http://koukaishitsumon.blogspot.jp/2013/01/blog-post_30.html


勝見五月(伊達市、前富成小学校校長)Mr. Satsuki Katsumi (Elementary school principal, Date)

黒田佑次郎(東大病院) Mr. Yujiro Kuroda (Tokyo University Hospital)

丹羽太貫(ICRP主委員会委員 京都大学名誉教授)Prof. Otsura Niwa (professor emeritus of Kyoto Univ, ICRP main committee member)

多田順一郎(放射線安全フォーラム)Mr. Jyunichiro Tada (Radiation Safety Forum)

**********************
The curruption prevailed among medical/academic societies is not a new story.  Please see below.

日本の医学界や学術界の腐敗は今に始まったことではありません。
こちらも是非ご覧ください。

731部隊、広島長崎、チェルノブイリ、福島 Unit 731, Hiroshima/Nagasaki, Chernobyl, Fukushima

http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/01/japan-victim-and-perpetrator.html

0 件のコメント:

コメントを投稿