2015年12月23日水曜日

ジャーナリスト安田純平さん、シリアで行方不明!Journalist Jyumpei Yasuda Missing in Syria

安田純平さんがシリアで行方不明になっており、身代金が要求されている件についての「国境なき記者団」は、その後、記事を撤回しました。

The article on Japanese journalist Jyumpei Yasuda who has been allegedly held hostage in Syria was withdrawn by Reporters Without Borders 6 days later.

(なぜか身代金要求のオリジナルのニュースは毎日新聞以外はほとんどカバーされず(安田さんは元、信濃毎日新聞記者)、撤回のニュースについてはNHK,日経などがこぞって報道。不思議です。)

しかも安田純平さんの行方不明については、どの機関からもほとんど報道されていませんでした。(私自身、知りませんでした。)

However, the original article was covered only by a limited media in Japan such as Mainichi (Mr. Yasuda was formerly a newspaper journalist at Shinano Mainichi Newspaper) and strangely, the withdrawal of the original article was covered widely including NHK, Nikkei, etc...


また菅官房長官がいつものように「全力で対応している」と言っていますが、後藤健二氏の件もあり、本当にそうなのか不安を感じています。その意味で、今回「国境なき記者団」がカバーしたこと自体が、意義があったと思う。とにかく安田純平さんご本人がご無事でいることを祈っています。



In addition, the Japanese Chief Cabinet Secretary, Suga commented, "Japanese government has been dealing with this issue at its best," but looking back the incident of Kenji Goto, it is quite a worrysome situation.  In this regard, I believe that the mere fact that Reporters without Borders covered the issue of Jyumpei Yasuda was meaningful.  I truly hope for the safe return of Jyumpei Yasuda.


RSF withdraws press release about Jumpei Yasuda

Published on Monday 28 December 2015.
Reporters Without Borders (RSF) issued a press release on 22 December about Jumpei Yasuda, a Japanese journalist held hostage in Syria since July. The release was not drafted according to normal procedure and was not sufficiently verified. It has therefore been withdrawn pending fuller information. We ask Yasuda’s family and friends, and the families of other hostages in Syria, to accept our apologies.




http://en.rsf.org/syria-japanese-journalist-in-danger-rsf-22-12-2015,48687.html
国境なき記者団のページより

Japanese journalist in danger, RSF calls for his immediate release

日本人記者が人質にー国境なき記者団、即時釈放を要求


Published on Tuesday 22 December 2015.
12月22日火曜日、パリ発
       
Reporters Without Borders (RSF) calls on the Japanese government to do everything possible to obtain the release of Jumpei Yasuda, a Japanese freelance journalist who was kidnapped in Syria in July and who is still being held hostage by an armed group.

国境なき記者団(RSF)は日本政府に対し、シリアで7月に拘束され、現在も武装集団に人質となっている日本のフリーランスジャーナリスト、安田純平氏の解放のために全力を投じることを要請する。

According to the information obtained yesterday by RSF, those holding Yasuda have started a countdown for the payment of a ransom, failing which they are threatening to execute him or sell him to another terrorist group.

国境なき記者団が昨日得た情報によれば、安田氏を拘束している武装集団は、身代金支払いのためのカウントダウンを始め、身代金が支払われなければ、「安田氏を処刑するか、別の武装集団に売り飛ばす」と脅迫している。

Yasuda was kidnapped by an armed group in an area controlled by the Al-Nusra Front a few hours after crossing the border into Syria in early July. The stories he had wanted to cover included Islamic State’s execution of his friend and fellow Japanese journalist Kenji Goto in January.

安田氏は、今年7月初頭、シリアへの国境を越えた数時間後に、武装集団の管理下にあるAl-Nusra地域の前線で人質となった。安田氏は1月にISにより処刑された、仲間の日本人ジャーナリストである後藤健二氏の報道をしようとしていた。

RSF urges the Japanese government to act quickly. According to their obligations under international law – the Geneva Conventions and their additional protocols, UN Security Council Resolution 1738 on the safety of journalists (adopted in 2006) and a UN General Assembly resolution in 2013 – governments are responsible for the safety of journalists and must take active measures to protect and free them.

国境なき記者団は、日本政府に対し迅速に行動するよう要請する。国際法であるジュネーブ条約と追加議定書、およびジャーナリストの安全について定めた国連安保理決議1738号(2006年採択)及び2013年の国連総会決議によれば、各国政府はジャーナリストの安全と保護、および自由のために積極的な対策を講じることを義務付けている。

We are very concerned about Jumpei Yasuda’s fate and we call on the Japanese government to do what is needed to save this journalist,” said Benjamin Ismaïl, the head of RSF’s Asia-Pacific desk. “We also urge all parties to this conflict to respect the media’s work and to stop taking journalists hostage for political or financial purposes.

国境なき記者団のアジア太平洋地域デスク長であるBenjamin Ismail氏は述べる
「我々は安田純平氏の安否について非常に憂慮しており、日本政府に彼を救うために必要な措置を講じることを要請する」
「また我々は、この紛争に関与するすべての人々に、メディア関係者に敬意を払い、政治的もしくは経済的な目的でジャーナリストを人質にすることを停止することを求める。」

A total of 54 journalists are currently held hostage worldwide, 26 of them in Syria. The world’s most dangerous country for media personnel, Syria is ranked 177th out of 180 countries in the 2015 Reporters Without Borders press freedom index.

現在世界では、54人のジャーナリストが人質となっており、このうち26人がシリアである。シリアは報道陣にとって世界で最も危険な国であり、2015年の国境なき記者団の報道の自由度ランキングでは180国中177位となっている。

2015年10月22日木曜日

重要!バンダジェフスキー教授の最新研究!Important! Dr. Bandazhevsky's Latest Studies!

Dr. Bandazhevsky's latest studies are here! チェルノブイリの第一人者、バンダジェフスキー教授の最新論文がこちらで読めます!





The latest paper refers to the elevated level of mortality rate among people living in contaminated areas.  (ETHOS which let people to stay in contaminated areas is truly nonsense!)


一番上にある最新の論文では、汚染地域に長く住む人々の間で、ガンや循環器系の疾病による死亡率が高まっている事。(本当に汚染地域に住み続けるエートスどころではないのです!)


One of the cause is metabolism disturbance leading to cancer, cardiovascular diseases, diabetes, chronical miscarriages, congenital malformation, etc.


その原因の一つとして代謝阻害により、ガン、循環器系の疾病、糖尿病、慢性流産、先天性異常などが引き起こされていると考えられると言う話。




Dr. Bandazhevsky mentioned that particular attention should be paid to the lealth of boys aged 12-17 years.  Yes, they are experiencing the 2nd generation in Chernobyl...though in Hiroshima and Nagasaki, even health impacts among 2nd and 3rd generations have been denied till today....


また2番目の論文で、教授は2世代目では12歳から17歳の男子に特に憂慮される循環器系異変が見られると述べています。


そう、もう2世代目なのですね。チェルノブイリでは。広島・長崎では2世代目の健康被害でさえ、否定されていますが、チェルノブイリでははっきりと出ているのだなあと改めて思いました。


Dr. Bandazhevsky continued, "Pathologies found in the adolescent period are the basis for the occurence of serious diseases leading to death in adults." (from the Conclusions of "Chernobyl: Prospects for the Second Generation")


バンダジェフスキー教授はさらに続けています。「思春期に発見される病変は、成人になった後、死にもつながる深刻な疾病発症の基礎をなすものである。」 ("Chernobyl: Prospects for the Second Generation"のConclusionより)

2015年4月4日土曜日

バンダジェフスキーの3冊目(日英)!注文は訳者の久保田先生にメールを!目次とヤブロコフ博士のまえがきあり

The third book by Dr. Bandazhevsky was published!!!




待望のバンダジェフスキーの新刊本が出ました!!!





This book is most needed for current Japan where many Fukushima kids get thyroid cancer and metastasis in their lymphs or even lungs while major media companies ignore this most grave fact.


多数の福島の子供たちが甲状腺がんにかかり、リンパ節や肺転移まで見られているのに、マスコミがまったく報じない中、今最も読まれるべき本です。


Please place an order to the translator, Mr. Mamoru Kubota, the professor emeritus of Ibaraki University.


mkubota925@yahoo.co.jp
(Write your name, address, and the number of books)


ご注文は以下の訳者の久保田護氏のメールにお名前、住所、冊数を書いてお願いします。


*****************


『放射性セシウムが与える人口学的病理的影響、チェルノブイリ25年目の真実』


訳者の久保田護先生は、本書発行のため、ご自身でも300部も買い取られたそうです!


ぜひ、アマゾンや書店での注文でなく、久保田さんご本人に直接メールにて注文して差し上げて下さい!団体さんで複数冊子の購入も歓迎です。


以下の本の注文は、久保田護氏のメールアドレスにお名前と住所、冊数を書いてご連絡を mkubota925@yahoo.co.jp

福島の子供たちの健康被害が増加、しかもマスコミが報じない中で、最も読まれるべき一冊です!




放射性セシウムが与える人口学的病理学的影響 --チェルノブイリ25年目の真実






本書の紹介:


チェルノブイリ原発事故以降、ウクライナ・ゴメリ市で死亡した123人を解剖し、特製の測定器で内臓の蓄積放射能を求め、人体組織の変異との関係を調べた類なき研究。チェルノブイリ原発に隣接する町イワンコフに住み、被災の実態解明に取り組み続ける著者の研究成果が、いまなお、フクシマ後の日本に警鐘を鳴らす。


第1部 チェルノブイリ惨事の放射線、人口、伝染病、医学の現状
第2部 人間の生命に重要な臓器と系のセシウム137取り込みによる病理過程
第3部 チェルノブイリ原発事故の被災地の住民の健康を良い状態に変える活動の基本方向




ヤプロコフ博士による前書き
----------------------------------------------------------------------------------------------------
まえがき
歳月が過ぎ、過去の実績と今後の活動意図が総括して評価される。重要性が過小評価されないこの本を読者が手にすれば、現代技術史上最大の惨事であるチェルノブイリの結果を深く理解し評価できる。
この惨事について何千もの本が書かれ、さらに何千も書かれるであろう。しかし、本書はチェルノブイリ文献の中で特別な地位を占めている。それは放射性核種を取り込んだ結果について、Yu.I. バンダジェフスキー教授が公表した新しい研究のおかげである。
この研究はチェルノブイリ放射能汚染の特質と結果を理解するのに極めて重要である。研究はバンダジェフスキー教授、彼の同僚、研究生によって20年前にベラルーシではじまった。その研究はバンダジェフスキー教授の逮捕と6年間の長い冤罪投獄で悲劇的に中断された。ベラルーシ政府のかくも恥ずべき判決の真の動機は、疑いなく、少量なら安全とする政府の立場を覆し、ごく少量の放射性核種でも体内に取り込まれると健康に良くない重大な結果を招くとバンダジェフスキー学派が結論したからである。
発表された論文は、体内に取り込まれた放射性核種に関する研究の実績と今後の研究方向を示している。これは原子力産業の無責任な発展による被害者たちが効果的な放射線防護法を確立するのに極めて重要である。チェルノブイリで放出された放射性核種で侵されたキエフ州イワンコフ郡における学術的研究と具体的対策の促進が重要で将来性がある。この集中研究によって、1、2の病理研究だけでは見落とされがちな医学的、生物学的な惨事の結果を統合し、全状況を把握できる。この統合された状況の把握が惨事の結果を最小化する効果的な方法を見出す手立てになるにちがいない。
私は、ユーリー・イワノビッチ・バンダジェフスキー教授と彼が理事長を務める統合分析センター「エコロジーと健康」が、チェルノブイリ原発事故の惨事を克服する新しい重要な学術的業績をあげることを切望している。
アレクセイ・ヤブロコフ(ロシア科学アカデミー顧問、核と放射線安全計画指導者,国際社会エコロジー連盟、欧州放射線リスク委員会員)
------------------------------------------------------------------------------------------------


[著者]
ユーリ・I・バンダジェフスキー(Yu. I. Bandazhevsky)
医学博士、教授、ゴメリ国立医科大学創立者、初代学長(1990〜1999)、統合分析センター「エコロジーと健康」理事長、ベラルーシ

N.F.ドウボバヤ
医学修士、上級科学研究員、P.L.シュビク記念学士教育国立医学アカデミー給食衛生学および小児と未成年者衛生学講座准教授、ウクライナ

G.S.バンダジェフスカヤ
小児科医師、医学修士、准教授、ゴメリ国立医科大学小児科講座主任(1997〜2001)、ベラルーシ

O.N.カドゥン
内分泌医師、キエフ州イワンコフ郡主任医師、ウクライナ

A.M.ペレプレトチコフ
病理解剖医師、医学修士、ゴメリ国立医科大学病理学講座准教授(1992〜2000)、Staff Pathologist Steward Medical Center Assistant Clinical Professor Tufts School of Medicine Boston,MA,USA

ローラン・ジェルボ
医学博士、教授、クレプモン・フェラン市立大学医学部一般健康課長、フランス

[訳者]
久保田 護(くぼた・まもる)
チェルノブイリの子供を救おう会代表。
茨城大学名誉教授(工学博士)。
大正13年(1924)9月生れ、昭和18年(1943)9月旧制水戸高等学校卒業、東京帝国大学入学、昭和21年(1946)9月同学第二工学部卒業、国産鉄工株式会社、下妻第二高等学校、日立工業高等学校、茨城大学工学部に勤め、平成4年(1992)4月茨城大学名誉教授、平成15年(2003)4月叙勲、勲三等瑞宝章。

2015年3月10日火曜日

A letter from Okinawan Grandma to Prime Minister Abe 辺野古の伝説のおばあ、島袋文子さんから安倍首相へ

竹野内真理の最新記事:

月刊誌『紙の爆弾』安倍政権に反対すべき七つの理由特集号

「辺野古基地建設 本土マスコミが沈黙する市民への暴力と 「基地災害」の可能性」

Webもしくは書店でご注文を!
*************


85歳の辺野古の伝説のおばあ、島袋文子さんが、キャンプシュワブ前のダンプカーにしがみつく指を機動隊に一本一本外され、後ろに転倒、一時意識不明で救急搬送の連続写真。 後ろにいた複数の警官たちは避け、おばあを守らず、写真撮影していただけという。。
沖縄の俳人でカメラマン、豊里友行さんのブログより toyotanneru4.ti-da.net/e7018430.html


この重大ニュースは地元マスコミにはカバーされたが、本土のニュースにはひとつもなっていない。


85 year old legendry Henoko Gramdmother, Ms. Shimabukuro was carried by an ambulance after each of her finger on the dump truck mirror was taken away by a riot police and fell off to the ground in front of the Camp Shwab where a new US Base is being constructed.  She was at one time unconscious and no police man was trying to protect her when she was falling with her head against the concrete ground, which made her unconscious.  An ambulance was called only by the citizens and police were only taking pictures of her on the ground...this became only a local news and never covered by any national news.


The series of photos were taken by an Okinawan photographer/Haiku poet, Mr. Tomoyuki Toyosato.
toyotanneru4.ti-da.net/e7018430.html


***
2014年9月撮影の島袋文子おばあの動画
Video of Ms. Fumiko Shimabukuro (Sep 2014)


留置所に入っても辺野古新基地をつくらせないと語った85歳の沖縄戦体験者、島袋文子さん。(真ん中)


左側の上間芳子さんは、「65歳以上は子育ても終わっているし、最前列で闘うべき。」


The following is the famous Okinawan 85 year old grandmother, Ms. Fumiko Shimabukuro. (middle)


Ms. Yoshiko Uema on the right said, "Women above 65 years old should fight in the frontline at Henoko, since they finished child rearing..."


なんとお二人とも、以下のビデオを収録した後、辺野古新基地問題で機動隊のやりとりで頭を打ち、脳しんとうで救急搬送されていました!!!(ありがたいことに、お二人のけがは軽傷ですみましたが、おふたりとも一時意識を失ったそうです!このような大事なニュースが全国紙に載らないなんて!島袋さんの沖縄タイムズ記事は文末に)


To my surprise, both of them had concussion facing against the mobile police and were carried by the ambulance  late 2014 in front of Camp Shwab where new Henoko US base is to be constructed.


Luckily, their injuries were not serious, but both of them at one time lost their consciouness by hitting their heads!  Amazingly, this news did not become national news and was covered only locally... the article in Okinawa Times is at the end of this page.






3月9日、久々に辺野古のキャンプシュワブ前の座り込みテントに行き、島袋文子さん(85歳、沖縄戦中は15歳)にお昼のお時間にお話を聞きました。


だいたいの内容を記します。


On March 9th, I visited the sit-in tents in front of Camp Shwab near the new Henoko US base and listened to the story by Ms. Fumiko Shimabukuro, 85 year old Okinawan famous grandmother.  Please read the following message to Mr. Abe.


******


戦前、「朝鮮、台湾、うちなー(沖縄県民の事)」と言われていた。


Before the war was ended, Japanese people used to say, "Korean, Taiwanese, Uchina (local Okinawan people)" 


私たちは同じ人間なのに、差別されてきた。
We have been discriminated though we are the same human beings with Japanese.




しかし沖縄の女性たちは強く闘ってきた。
However, Okinawan women were fighting quite strongly.


女性は強い。子供たちを産み育てねばならないのだから。
Women are strong.  Because they have to give birth to children and to rear the children.




大人は2,3日我慢できるが、子供は違う。
Adults can stand hunger for 2 or 3 days, but children are different.


戦中は山の草木も食べれるものを捜し歩いた。
During war time, we used to look for food in mountains.




腹をすかし、水さえ十分ないなか、お芋、米、砂糖などはすべて日本軍にとられた。
We were all hungry without enough food and even water.  But Japanese army took away all the food such as potatoes, rice and sugar.




わたしたちに残ったのは、ちんくわーと呼ばれる水っぽいかぼちゃを水で煮たものだけ。それでもごちそうだった。
What was left for us was only waterly pumpkin.  We boiled the pumpkin with water, and still it was a feast for us.




ところが日本軍は沖縄県民を殺しこそすれ、守ってはくれなかった。
But Japanese soldiers never protected us though they killed us.




軍は権力を持ち、やりたい邦題。警察も一言もものが言えない。


壕の中では、軍人は一番奥に陣取った。
The army had the power and did all they wanted.  The local police could not say a ward to the army.


Soldiers stayed in deep in the shelter and told mothers with infant children in the shelter.




そして幼子をもつ母親には、「出るか、(泣いている)子供を殺すか、どちらかにせよ」と言われた。
"Mothers and crying children should get out of the shelter, or mothers should kill the children."




子どもを殺せるはずがない。(砲弾が飛び交う中)母子たちは泣く泣く壕を出て行った。
For mothers, it was impossible to kill their own child.  They had no choice but to go out to the outside where shells were attacking like rain.




日本軍は悪いことをしても、悪いことをしたと認めない。
「叩き殺したいくらい」だ。
Japanese army never admitted though they had done horrible things.  I sometimes feel like smashing them until they die.




沖縄に来たカシマという偉い軍人が今も生きているらしい。
彼はこう言ったそうだ。


I heard a man named Kashima (army officer who stationed in Okinawa) is still alive.  I heard that he said,




「日本軍は文明を守り、悪い事はしていない。」
"Japanese army protected our civilization and did not do anything wrong."




彼は久米島で沖縄県民の虐殺を命じた人物である。
He is the very person who order the massive killing of Okinawan local people in Kume Island.




いったい沖縄の人間を何だと思っているのだろう。
What on earth are these people thinking of Okinawan people?




「命の予備」というものはない。
There is no reserve for life.




あろうことか、日本軍は「子供たちを命の盾」にしたのである。
Unbelievably, Japanese soldiers used Okinawa children as shields for protecting their own lives.




子供たちを盾にして、自分たちは逃げたのだ。
They themselves ran away leaving children as human shields.




私は米軍を憎んでいるが、自分が半身大やけどをして捕虜になった時、とりあえず米軍は入院させてくれた。だから私は今生きている。


I hate US military but at least they treated me with burns half of my body at the hospital.  That is why I am alive now.




日本軍だったら、大けがを負った私は、ほっておかれたであろう。
If it was with the Japanese military, me who was heavily injured at the time should have been left alone.




私は日本軍の腐った精神を踏み潰したい!
I really feel like stamping on the rotten spirits of Japanese military!




今の政治家は戦時下がどういうものか、戦争の苦しみを知らない。
Current politicians do not know how it was during the war and do not know the suffering of the people under the wars.



安倍晋三も今、未来世代を権力で踏み潰そうとしている。
Mr. Shinzo Abe is now trying to stamp on the future generations.




しかし私たちは、あの雨のように降る砲弾の中を、生き延びてきた。
However, we survived under the rain of shells.




だから絶対負けたくない。
So we would never want to be defeated.




しかし、今解決の方法がない。
But how?  There is no solution right now.




だから私は安倍首相に言いたい。
Therefore, I would like to have some words with Prime Minister Abe.




私は無学だから、国会議員を通して、安倍首相に手紙を渡したい。
I had received no education, so I would like to pass my letter to Prime Minister Abe through a Diet member.




安倍首相に言う。
I would like to ask Prime Minister Abe.




「国民の命と財産を守る」と言いながら、なぜ人質になった若者たち(後藤さんと湯川さんの事)を殺させた?
You say, "I will protect the lives and properties of our people."


Then, why did you let the young Japanese hostages be killed?




一人の人間も助けられない人間が、どうやって国民の命と財産を守るのか?
How can a person who could not save even a single person's life declare, "I will protect the lives of our people"?




「命を守る」などという言葉を軽々しく使わないでほしい。
Please do not use the word, "I will protect the lives" without sense of reality.




(ちなみに島袋さんは、15歳の時、自分も半身おおやけどを負いながら、米軍の病院で安楽死させられそうになっていた目の不自由な重症の母親を自分自身けがを負った背中におぶって逃げた。彼女は生き延び、母親も95歳まで生きたと言う。)


(At the year of 15, Ms. Shimabukuro had burns half of her body due to the attack by the US.  Still she carried her heavily wounded mother who was about to be killed with injection in the US hospital on her injured back and fleed from the hospital to save her.  She managed to survive and her mother also lived until the age of 95 years old.)




沖縄戦でも自分の親兄弟の命も助けられない人々がたくさんいた。
There were many people who could not help their own families.




自分たちの命も危うかった。(注:沖縄戦では全人口40万人の内、4分の1以上に当たる市民が戦死した)


Even their own lives were at risk.
(Note: In the battle of Okinawa, more than the quarter of the Okinawan population were killed.)




命を守るなどと、軽々しくいってほしくない。
I do not want to hear Mr. Abe say, "I will protect the people's lives" irresponsibly.




言葉が軽々しいのだ。現代の人々はお金で生活をしているから。
Politicians' words are too light and almost meaningless.  Maybe because the people living in this age are living with money.




私は鳩山内閣の時も、「話ができないのであれば、私を殺せ!」と機動隊とトラックの前に立ちはだかったことがある。
In the time of Prime Minister Hatoyama's regime, I once stood in front of the riot police and a truck saying, "If you cannot talk with me, just kill me!"




なぜ沖縄が2度も殺されなければならないのか。
I really do not understand why Okinawa should be killed twice.




(以上)
End of Ms. Shimabukuro's talk


************


島袋さんは、昨年11月に辺野古基地前の座り込みで、なんと救急搬送されています。
On November 20, 2014, Ms. Shimabukuro was carried by an ambulance during the sit-in and struggle with the riot police in front of the new Henoko US Base.






http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=91491


辺野古85歳女性けが 強制排除、一時意識失う

85 year old woman was forcibly displaced and injured with temporary unconsciousness


2014年11月21日 06:10              
     

【名護】新基地建設への反対行動が続く名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前で20日午前、抗議していた市辺野古の島袋文子さん(85)が県警に排除された拍子に転倒し、市内の病院に搬送された。一時意識を失い、側頭部打撲などの軽傷と診断された。


In the morning of November 20th, Ms. Fumiko Shimabukuro (85) was fell down when she was forced to move by the the Okinawan prefectural police and was carried to a hospital in Nago city.  She was unconscious at one time and diagnosed as having a blow at the temporal region on her head.

 目撃したカメラマンの豊里友行さん(38)によると、島袋さんは基地内に入ろうとするダンプカーのミラーをつかんで阻止しようとしたが、機動隊員に手をはずされ、その拍子に転倒した。
 強制排除で自身も手を負傷したアルバイトの女性(31)は「おばあを守るべき警察は、島袋さんが倒れているのに写真を撮っていた。本当にひどい」と悔し涙を流した。


According to the witness cameraman Mr. Tomoyuki Toyosato (38), Ms. Shimabukuro was trying to stop the dump truck which was going into the new Henoko US base by grabbing the front mirror, but the riot police took her hands off the mirror and she fell down to the ground.


A female part-time worker who was also injured at the spot said with tears, "The police should have protected the old lady but instead, they were taking pictures of her lying on the ground.  How inhumane..."

 現場に駆け付けた三宅俊司弁護士は「被害者本人から話を聞き特別公務員暴行陵虐罪で告訴したい。この責任は取らせる」と話した。
Lawyer Toshiji Miyake who dashed to the spot said, "I would like to make an criminal accusation on this case after listening to Ms. Shimabukuro.  I would like to make the person pay some responsibility."
 
 県警は「警察官が転倒させたという事実はない」と否定した上で「女性が転倒したのを機動隊が確認し、テント近くまで運んだ。トラブルやけが人が出ないよう対応している。引き続き安全確保に努める」としている。


The prefectural police denied the allegation of falling her down and said, "A riot police found a woman falling down and they took her to a tent.  The police is acting so that there will be no trouble or injuries.  We will continue to keep safety."





















2015年1月23日金曜日

Statement from a person communicable with ISIS! on Goto's Mother's Youtube video イスラム国と交信できる人物から湯川氏殺害と新要求についてもコメント欄に!



ISISと交信できる人物から1月23日夜に、後藤さんのお母様の動画のコメント欄に声明!


邦訳と英文オリジナルです。

Comment from a person who can communicate with ISIS! on the video of Mother of Kenji Goto
Japanese followed by his original statement




شا‎


Early morning of Jan 25 (Japan time)





Dear Japanese people, 親愛なる日本の皆様へ


 Isis has just released a video showing Kinji Goto holding a photo of  Haruna with his head was cut off. Their demands were completely changed . They demand the Japanese diplomats in Jordan   to release their sister "Sajeda Al Reshawi" from the Jordanian prison in order to release Kinji.


ISISは湯川氏の首が切断されている写真を手に持つ後藤健二氏のビデオを公開しました。彼らの要求は全く別のものに変更されました。彼らはヨルダンにいる日本の外交官に対し、Sajeda Al Reshawi女史を後藤健二氏の解放と引き換えに、ヨルダンの刑務所から解放することを求めています。

i am sure that Jordan will accept this condition immediately as a kind of doing a favour  to Japan.

ヨルダンは、日本の頼みを聞いてこの条件を直ちに受け入れてくれると思います。

it seems that they killed Haruna because he was a " military adviser to Peshmarga-Kurds Army" as they say.  Peshmerga used chemical gas against the people in Musel in Iraq yesterday  killing hundreds.    this is what Isis says 

ISISが湯川氏を殺害したのは、彼がPeshmargaクルド軍の軍事顧問であったからであると述べています。Peshmergaクルド軍は昨日、イラクのムセルにいた何百もの住民に対し、毒ガス兵器を使って殺害したとISISは言っています。





***********************
上の人物から 1月23日夜(日本時間)にyoutubeに投稿されたメッセージ

日本国民へ:


貴方がたが知らないかもしれない事実をいくつか挙げさせてもらう。まず第一に、イスラム国は日本を攻撃したことはないし、日本に宣戦布告したこともないのだが、あなたがたの政府はイスラム国と戦争している国々に2億ドルを拠出すると宣言したことで、宣戦布告したのと同じである。


第二に、あなたがたのお金がシリアやイラクでイスラム教の子供達や女たちを殺戮することに使われている。

第三に、こちらの母親は、自分の息子のために泣いている。しかもこの息子には新生児もいると言う。あなたがたに言いたい。あなたがたの政府は、イラクやシリアで、新生児や子供たちを今、殺しているのである。

第四に、後藤健二氏は、イラクにおいて子供達や女性を殺戮している、Pishmargaの「クルド軍」の軍事顧問として働く友人を助けるためにシリア入りした。

第五に、後藤健二氏は初めて捕まった際に、イスラム国に対して嘘をついた。

第六に、あなたがたの首相は、最近イスラエルを訪問し、まるでエルサレムがイスラエルの首都であると宣言するかのように、エルサレムのAl Buraqの壁(宗教を象徴する場所)を訪問した。このことそのものが、イスラム国にとって真に酷い行為なのである。

第七に、この日本人のお母さんは今泣いており、我々も彼女がどういう想いであるか理解できる。であるならば、イラクやシリアで子供達やすべての家族を失った何百万ものお母さんたちのことはどう思うのか?


شا‎
Posted on the night of Jan 23 (Japan time)





To Japanese people: Here are some facts that you may don't Know.
first: Isis didn't attack Japan nor it declared war against Japan, but your government did by declaring to pay 200 million to countries fighting Isis.


secondly: your money is killing Muslims children and women in Syria and Iraq.


thirdly: This mom is weeping about her son and she says that he has a new born baby. i would like to tell her that your government's money is killing the new born babies and  sons in Iraq and Syria.


fourth:Kenji Goto went to save his friend who works as a military advisor to Pishmarga "kurds army" who kill children and women in Iraq.


fifth: Kenji Gotoy lied to Isis when they first caught him.


sixth: Your prime minister has visited israel recently and visited  Al Buraq wall in Jerusalem (symbolic religious place)  as if he declares Jerusalem to be a capital of Israel .... this is really horrible disaster in itself  With Isis.


seventh: this japanese mom is now crying and we know how she feels ... but what about millions of moms in Iraq and Syria who lost their children and even their entire families?!! 




**********************
1月25日に同人物から竹野内真理に届いたメッセージ


私は彼らが安全に解放されることを望んでいる。個人的には私はISISに所属はしていないが、彼らの考え方を知っているので、彼らのウェブサイトにできる限り書きたいと思う。あなたがたの国は中東において人々を助けるために大きな役割を果たしてきた。私は日本人が好きであり、今自分ができることをするのは自分の義務でもある。私はイスラム教スンニ派だが、彼らはスンニ派の言う事を聞く。私はISISと本当にコネクションを持たないのであるが、彼らは、ネット上で書いたりコメントしたりしたことに対して、通常、非常に素早く反応する。


Message from the same person to Mari Takenouchi on January 25



i hope that they will be released safely,  Personally, I don't belong to ISIS,  but i know how they think , so I will do my   utmost efforts to write  on their websites  and to convince them not to hurt these two hostages. Your country has played a major role in helping us as people living in The Middle East.. I love Japanese people Now its my duty to do whatever I can . As muslim Sunni, they usually listen to Muslim Sunnis. I really have no connection  with them , but when you write or comment anything, they usually respond quickly . they are extremely active in using internet.

************************************************


国境なき記者団から日本政府への声明が出ました!
国境なき記者団には、私も以前、福島の子供たちの問題でお世話になりました。http://savekidsjapan.blogspot.jp/2014/03/save-kids-japan.html
感謝しています。


A statement was released by Reporters Without Boarders fowarded to Japanese government.


RWB once covered my story in connection to children left in contaminated areas in Fukushima.
http://savekidsjapan.blogspot.jp/2014/03/save-kids-japan.html


I am really grateful to RWB!


*************************************


日本政府はイスラム国に拉致された人質の解放をさせよ!RSF:Japanese government urged to obtain release of journalist held by IS 英日仏(ENG / FRA)


REPORTERS WITHOUT BORDERS / REPORTERS SANS FRONTIERES
PRESS RELEASE / COMMUNIQUÉ DE PRESSE


01.22.2015

ENG : http://en.rsf.org/syria-japanese-government-urged-to-22-01-2015,47532.html

FRA : http://fr.rsf.org/syria-rsf-exhorte-le-gouvernement-22-01-2015,47531.html





SYRIA

Japanese government urged to obtain release of journalist held by IS

日本政府はイスラム国に拉致された人質の解放をさせよ!




Reporters Without Borders calls on the Japanese government to do everything it can to obtain the release of Kenji Goto, a Japanese freelance journalist under threat of imminent execution by the Jihadi militant group Islamic State.


国境なき記者団は日本政府が、イスラム国によって間もなく処刑されようとしている日本のフリーランスジャーナリストである後藤健二氏を解放させるため、あらゆる手段を講じることを要請する。



In a video posted online on 20 January, IS demanded 200 million dollars in ransom for the release of Goto and Haruna Yukawa, another Japanese citizen, threatening to kill them if the ransom was not paid in 72 hours.


1月20日付けのビデオによれば、イスラム国は後藤氏ともう一人の日本市民である湯川遥菜氏の解放のための身代金として2億ドルが72時間以内に支払わなければ、処刑すると伝えた。




Less than 24 hours is left before the deadline expires.


処刑される時間まで24時間もない。




Goto left Japan on 22 October with the aim of filming IS fighters in Syria and was captured in November while trying to locate Yukawa. According to the Japanese media, he originally met Yukawa a few months before Yukawa was taken hostage in October.


後藤氏は10月22日にシリアにおけるイスラム国戦闘員を撮影するために日本をたち、湯川氏の居所を探している間に11月にとらえられた。日本のメディアによれば、10月に湯川氏が人質となった2,3か月前に湯川氏に出会っていたという。




We take note of Japanese Prime Minister Shinzo Abe’s pledge to do everything possible to obtain the release of the two hostages,” Reporters Without Borders programme director Lucie Morillon said.




「日本の安倍首相が、人質解放に向けてあらゆる手段を講じると宣言したことに注目している。」と国境なき記者団の番組ディレクターであるLucie Morillon は話す。




It is vital that the Japanese government should seek the help of all the ‘strategic’ states in the region and their diplomatic networks. Efforts must be pooled to end Islamic State’s barbaric hostage industry. Following last year’s execution of journalists, we must accept that all options should be envisaged in order to save lives.”


「日本が中東のあらゆる「戦略的に利用できる」国家や外交ネットワークの助けを求めることは必須である。イスラム国の野蛮な人質産業を終わらせるために、不断の努力を積み上げることが必要である。昨年も複数のジャーナリストが処刑されたが、我々は命を救うために、あらゆる選択肢を視野に入れるべきである。」




Goto is one of the few freelance journalists to have provided Japanese TV viewers with video footage of the various bloody conflicts under way in the Middle East.




後藤氏は中東で起きている様々な流血を伴う紛争をビデオ撮影して日本のTVに提供してきた数少ないフリーランスジャーナリストの一人である。




Syria is nowadays the world’s most dangerous country for journalists. In August 2012, Mika Yamamoto, a Japanese reporter for the Japan Press agency, was killed in Aleppo while covering fighting between government forces and rebels in the eastern district of Suleiman Al-Halabi.




昨今のシリアは、ジャーナリストにとって最も危険な国となっている。2012年8月には、日本のJapan Press通信社に属していたジャーナリストの山本美香氏が、Suleiman Al-Halabiの東地域における政府軍と反政府軍の紛争を報道中に、アレッポで殺害されている。


______________________________________

SYRIE

RSF exhorte le gouvernement japonais à tout mettre en oeuvre pour libérer Kenji Goto menacé d’exécution

Deux Japonais, dont un journaliste freelance, sont retenus par l’organisation de l’Etat islamique, qui menace de les tuer à moins que le gouvernement japonais ne verse une rançon de 200 millions de dollars.
A quelques heures de l’ultimatum, Reporters sans frontières appelle les autorités japonaises à tout mettre en oeuvre pour libérer le journaliste Kenji Goto. Retenu en otage avec Haruna Yukawa depuis novembre dernier, le journaliste avait été capturé alors qu’il tentait de retrouver la trace de ce dernier. Dans une vidéo postée le 20 janvier dernier, le groupe Etat islamique réclame au gouvernement japonais une rançon de 200 millions de dollars versée sous 72 heures. Dans le cas contraire, les deux otages seront tués, affirme le groupe radical.
Kenji Goto, journaliste freelance, avait quitté le Japon le 22 octobre dernier pour se rendre en Syrie et filmer les combattants de l’EI. D’après les médias japonais, le journaliste avait rencontré Haruna Yukawa l’année dernière, quelques mois avant que ce dernier ne soit capturé, en octobre.
“Nous avons pris acte des déclarations du Premier ministre japonais Shinzo Abe, qui a affirmé tout mettre en oeuvre pour aboutir à la libération des otages. Mais il est aussi indispensable que le gouvernement s’appuie sur l’ensemble des Etats ‘stratégiques’ de la région et sur leurs réseaux diplomatiques, déclare Lucie Morillon, directrice des programmes de Reporters sans frontières. Les efforts doivent être mutualisés afin d’en finir avec l’industrie sanglante des otages mise en place par l’Etat islamique. L’exécution de journalistes en 2014 doit nous faire prendre conscience que toutes les options doivent être envisagées pour sauver des vies”.
Kenji Goto était l’un des rares reporters indépendants à apporter aux télévisions japonaises des images des conflits sanglants qui se déroulent au Moyen-Orient.
La Syrie est aujourd’hui le pays le plus dangereux pour les journalistes. Le 20 août 2012, la journaliste japonaise Mika Yamamoto, correspondante pour l’agence de presse japonaise Japan Press,avait trouvé la mort alors qu’elle couvrait les affrontements entre l’armée syrienne et les rebelles dans le quartier de Suleiman Al-Halabi à l’est d’Alep.