Books translated by Mari Takenouchi竹野内真理の翻訳本

Books translated by Mari Takenouchi 竹野内真理の翻訳本
『人間と環境への低レベル放射能の脅威(The Petkau Effect/ Original German: Der Petkau-Effect Katastrophale Folgen niedriger Radioaktivitat)』
『原発閉鎖が子供を救う(Radioactive Baby Teeth: The Cancer Link)』
『低線量内部被曝の脅威ー原発周辺の健康破壊と疫学的立証の記録(The Enemy Within)』
『内部被曝』(扶桑社新書)ーあとがき執筆

2013年9月23日月曜日

世界の皆様へ!安倍首相と周りの人たちは嘘をついています!Dear citizens in the world~Prime Minister Abe has been telling lies!

 
安倍首相のオリンピック委員会での発言に、心底驚きました。多くの国民がそう感じたと思います。
 
I was totally appauled when I heard what our Prime Minister had said in the International Olympic Committee meeing, I believe many share the same feeling.

  
「汚染水は0.3平方km範囲内で完全にブロックされている」というセリフに唖然、その範囲外で何万ベクレルという魚が見つかっているというのに。
 
"The contamination of the water is blocked within 0.3 square km." What is he saying while tens of thousands Bq/kg fish have been found outside of this area?
 
 
そしてやはり私が「酷い!」だと思ったのは以下のセリフです。
 
Moreover, what I thought unimaginable was the following line.

 
「健康問題は今までも現在も将来も全く問題ないと約束する」
"There have never been any health hazards and will never be."
 

 
安倍首相、これはいったいどういうことですか?
 
Prime Minister Abe, what do you mean by this?

福島ではすでに甲状腺がんと疑いの子供が43人も出ている!これは通常の発生率からすると100倍以上のものです。
 
There have been already 43 child thyroid cancer and the suspected cases!  This is more than a hundred times higher than normal incidence rate! http://takenouchimari.blogspot.jp/2013/08/2013731-fukushima-children-thyroid.html

 
しかも、私が福島のお母さんから聞いた話では、既にリンパに転移した子供たちも複数出ています。
 
In addition, according to a talk of Fukushima mother, there have been at least mutiple number of thyroid cancer kids who had already lymph metastasis.
 

ところが、IAEAとの合意も取り交わしている福島医科大は、甲状腺がんの転移に関しては、なんと一切発表しないと言っています。
 
However, Fukushima Medical University who concluded an agreement with IAEA is not going to report on cancer metastasis of any patients.

200km以上離れた東京でさえ、かなりの汚染があるし、健康障害が出ているのです。

Even in Tokyo, more than 200km away, there is tremendous level of contamination and some have been complaining health hazards.
http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/01/i-2011315tokyo-march-15-2011.html

それも含めて今年3月にはIOCにも東京の医師や政治家、活動家らと有志で訴えたほどです。

http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/03/letter-to-ioc.html

Including the Tokyo contamination and health hazards issue, I submitted a petition to IOC jointly with medical doctors, politicians, activists, etc.  

http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/03/letter-to-ioc.html

まったく影響されなかったようで残念ですが。特に東京そのものの汚染と健康障害には日本のみならず、国際社会から無視されました。

To our regret, our petition did not give any impact...ESPECIALLY, CONTAMINATION AND HEALTH HAZARDS IN TOKYO ITSELF HAVE BEEN IGNORED NOT ONLY JAPAN BUT INTERNATIONAL COMMUNITY!

 
そして去年の秋は、元スイス大使の村田光平氏が「汚染地帯の子どもたちは疎開させてください」と直訴するも、安倍氏は無視されたそうですね。
http://www.kaze-to-hikari.com/2013/07/post-50.html

In the autumn of 2012, the former Swiss Ambassador Mitsuhei Murata directly pleaded, "Please relocate kids from contaminated areas," but Mr. Abe didn't pay any attention.


事故前の2006年には、安倍氏は「原発の津波による電源喪失事故の心配はない」と国会答弁で発言されたそうです。事故発生の責任の一端は、安倍氏にもあるはずです。
 
In 2006, Mr. Abe was questioned in the Parliament whether there was any danger of station-blackout to be caused by Tsunami, and answered, "No problem." The accident was partly caused by Mr. Abe!
 
 
安倍氏の祖父、岸信介氏は先の戦争中、商工大臣だった方でA級戦犯、しかしCIAとの密約により、その後首相になりました。

Prime Minister Abe, your grandfather was the Commerce Minister during World War II and Class A criminal, but through secret negotiations with CIA, he became the Prime Minister. 

戦時中のアジアの方々に対する2000万ともいわれる人々を殺戮した戦時中の日本の大臣が戦後、首相になるなどとはありえない話だと思います。(そうではないですか?アジアの皆さん!)
 
 
I think it is out of question that a person responsible to the death of 20 million Asian people could become the Prime Minister after the war.  (Dear citizens of Asian nations, isn't that so?)
 
岸氏の孫であっても、この国のトップになる資格はないと私は思う。アジアの人々の対する反省の色が全くない安倍氏に関しては特にです。
 
Even his grand son should not be entitled to be the top of this country especially when he does not show much remorse.
 
そしてあのおぞましい731部隊による人体実験に対する反省の色も全くない。731と書かれた戦闘機で記念撮影をする神経を本当に疑ってしまいます。
 
Prime Minister, you haven't even shown any sympathy to the victims of horrendous Unit 731.  It was truly shocking that you unconsciously (?) sat in the fighter with No. 731 with a smile. 


 

今あなたは自国の子供たちに731かと見まごうような人体実験を強要して平気でいる。

And now, you are enforcing its own people's childrent to participate in the human experiment as in the case of  Unit 731. 

驚くべきことに、実験に協力している医学者は、731の系図に関係のある人々だ。
 
Amazingly, The doctors and scientists who are working in Fukushima have teacher-diciple connections from the Unit 731 even.

http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/01/japan-victim-and-perpetrator.html



そして首相は、世界には、健康問題など全くないとアピールしているのですね。 
 
And now Mr. Abe, you are appealing to the entire world, "There have been no health problem." 
 
 
ではなぜ日本政府は事故後に福島と宮城だけ白血病の統計を取るのを事故後に辞めたのですか?
 
Then why did the Japanese government stopped collecting statsistics of leukemia patients only in Fukushima and Miyagi prefectures after Fukushima accident? 
 
 
そして国内の子供の甲状腺がん多発を知りながら!犯罪でしょう?子供たちを逃がして助けないのですか?!
 
You know the news of boosted number of Fukushima child thyroid cancer and suspected cases announced in August!  Isn't this a crime.  DO HELP YOUR PEOPLE'S CHILDREN RIGHT NOW!

http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/08/44-44-thyroid-cancer-and-suspected.html
 
福島では幼いご兄弟が二人とも白血病になってしまったお母さんが、錯乱状態になったと聞きました。また甲状腺がんがリンパ転移した子を持つお母さんが「もうだめだ」と嘆いていると。
 
In Fukushima, I heard a mother became mentally devastated since her two young sons became leukemia simultaneously.  I heard a cry, "there is no hope..." from a mother whose kid became thyroid cancer with lymph metastasis.
 
子供たちが「どうせ病気になるんでしょ?死ぬんでしょ?」と言っていると。
I heard childrens' voices, "We are going to be sick and die, aren't we?"
 
首相のあなたが、健康被害はないと隠し、逆に福島に人々を帰還させている間に。2020年までにすべての福島県民を帰還させ、オリンピックに興じようとしている。このような残酷な話がありますか?
 
While the Prime Minister conceal these people's health hazards and encourage people to go back to Fukushima..not only that, your government intends to return ALL FUKUSHIMA PEOPLE BACK TO THEIR HOMETOWN BY 2020 TO ENJOY OLYMPIC GAMES.  Is there any more cruel story than this?
 
過去の真実を見ないものは、現在の真実も見ない。

 Those who do not see the past truth do not see the present truth. 

あなたは去年の国会で「よく勉強したが、従軍慰安婦はいなかったことが判明した」とありえない話をしています。2001年にNHKの戦時性暴力人民法廷の番組を改竄すべく圧力をかけたことも有名です。 

Last year, I heard your statement in the Parliament on TV, "I studied about comfort women a lot and found out that there had been no comfort women."  It is a famous story that Mr. Abe put pressure on NHK to falsify the documentary program on Wartime Sexual Slavery People's Tribunal in 2001.

それなのに、9月26日には、国連演説で、女性の権利の擁護や紛争地での女性への性暴力阻止に努力すると演説。

過去の従軍慰安婦問題へのアジア諸国への謝罪もないのにですか?私は安倍氏に「ふざけるな!」と言いたい。

However, on September 26 UN General Assembly speech, PM Abe said that he will make effort to protect women's right and prevent sexual violence against women in conflict areas.  What?  Without making apologies or compensations to the victims of Japan's past wartime sexual slavery system?  I want to tell him, "Enough of jokes!"
 
私は今ほど、日本国民であることが情けなく、悲しみ、怒っている事はありません。
 
I had never felt so ashamed, sad and angry as being a citizen in Japan.
 
 
 
Mari Takenouchi
An angry mother, journalist, Japan
 
 
*******************************************************************
 
 以下、元東京電力社員で、現在医師をしていらっしゃるというユニークな経歴を持つ小野俊一先生のブログから。彼は元東電であり医師であるという立場から、原発問題と被曝問題でいつも鋭く批判し、ブログもツイッターも多くのフォロワーがいらっしゃいます。
 
The following is from a blog written by Dr. Shunichi Ono, who has a very unique personal history.  He is now working as a physician but he used to work at Tokyo Electric Company. From his past and current position, he has been a very sharp critic on nuclear and radiation issues and there are many people who read his blogs and twitters.
 
小野俊一先生、院長の独り言ブログから以下のページを転載させていただきます。

http://onodekita.sblo.jp/article/76167030.html (From Dr. Shunichi Ono's blog)
 
 
2020年オリンピックで、安倍首相の宣言
Statement by Prime Minister Abe regarding 2020 Olympic
 
・フクシマについてお案じの向きには、私から保証をいたします。状況は統御されています。東京には、いかなる悪影響にしろ、これまで及ぼしたことはなく、今後とも及ぼすことはありません。
原文
Some may have concerns about Fukushima. Let me assure you,
the situation is under control. It has never done and will never do any damage to Tokyo.
 
汚染水は、第一原発の港湾内の0.3平方km範囲内の中で完全にブロック

The contaminated water is thoroughly blocked within 0.3square km within the port area of Fukushima Daiichi.
 
 
まずコントロールされているかいないか。
 
First of all, is it really under control?
 

東電幹部、安倍首相発言を否定 汚染水「制御できてない」
東京電力の山下和彦フェローは13日の民主党会合で、福島第1原発の汚染水漏れ問題について「今の状態はコントロールできているとは思わない」との認識を示した。
 
A managerial level person in TEPCO, Mr. Kazuhiko Yamashita, said in the meeting of Democratic Party of Japan on September 13, "I do not think the current situation is under control" regarding the contaminated water leak issue at Fukushima Daiichi.
 
2013092001.jpg
 まあ、当然の見解です。ところが、首相から怒られた東電は、次の文章を直ちに発表します。
 
This is quite a natural response.  However, TEPCO, which was alledgely scolded by Prime Minister Abe, immediately released the following statement.

汚染水問題に関する当社関連報道について
平成25年9月13日
東京電力株式会社

 
Re: Media Coverage on Contaminated Water Issue
September 13, 2013
Tokyo Electoric Company
 
 総理の「コントロールされている」とのご発言は、放射性物質の影響は発電所の港湾内にとどまっており、近海における放射性物質の濃度は、基準濃度をはるかに下回り、継続的な上昇傾向も認められていないということの趣旨だと理解しており、当社としても同じ認識であります。
 
We, TEPCO share the same recognition as the Prime Minister's statement, "Situation is under control" in which we understand the impact of radioactive materials are limited within the port area of Fukushima NPP and the radiation contamination is far below the refernce level and does not show any constant increase in the nearby area.

 本日、汚染水問題に関する当社社員の発言として、「今の状態はコントロールできているとは思わない」との認識を示した、との報道がされております。

Today, there was a media coverage which said that one of our employee showed his recognition saying, "I do not think the current situation is under control."

 当社は、海および陸側の放射性物質の濃度について継続して確認を行っておりますが、汚染水の影響は発電所の港湾内に留まっており、外洋については検出限界値以下または告示濃度を遥かに下回る値であり、継続的な上昇傾向も認められないことを確認いたしております。
 
We have been continuously measuing the radioactive materials in the ocean and on the land, but the contaminated water is limited within the Fukushima NPP port, and the measurement is ND or far below the referene level and there have been no constant increase trend.

 この度の当社社員の発言は、そうした状況を踏まえた上で、汚染水の港湾内への流出や敷地内の貯水タンクからの漏えいなどのトラブルが発生しているという認識について言及したものです。

The said employee's statement is based on this situation and also on the recognition that leakage of contaminated water into the port and problems of leakage from storage tanks have been taking place.  

 なお、このようなトラブルが発生した場合にも、その影響が外洋に及ぶことがないよう対策をしっかりと講じてまいります。
 
Even though such problems occur, we are placing countermeasures so that there will be no effects on the outer ocean.

 当社は、汚染水問題により、広く社会の皆さまにご心配をおかけしている状況であり、国からの指導をいただきながら、これらの状況を改善するよう努めてまいります。

 
Now we are causing concerns among citizens due to this contaminated water issue, but we are making our effort to improve the situation under the guidance of the government.

以 上
The end of statement

そして、猪瀬都知事
 
Here is another comment from Tokyo Governor Mr. Inose

瀬知事 汚染水問題で「必ずしもアンダーコントロールではない」
 
Mr. Inose:”Contaminated water is not necessarily under control.”
 
 東京都の猪瀬直樹知事は20日の定例記者会見で、東京電力福島第1原発の汚染水漏れは必ずしもコントロールされていないとの認識を示した。
 
In the September 20th press conference, Tokyo Governor Mr. Inose showed his recognition that the contaminated water leakage from Fukushima Daiichi is not necessarily under control.
 
 知事は2020年五輪招致プレゼンテーションで安倍晋三首相が「状況はコントロールされている」と発言したことをめぐり「今、必ずしもアンダーコントロールではない。だから(首相が)アンダーコントロールになると表明した」と語った。
 
Over the issue of Prime Minister Abe's statement, "the situation is under control," he governor Inose said, "Currently, the situation IS NOT NECESSARILY UNDER CONTROL.  Therefore, the Prime Minister declared that it WILL BE UNDER CONTROL."

 さらに「あの時点では風評もたくさん混ざっていた。政府が実際にお金を出してきちんとやるという意思を示し、いったん解決した」と振り返り「(政府に)国内問題としてこれからやっていただく。本当の解決に向かわないといけない」と強調した。

Governor Inose recalled, "there had been many inclusion of groundless rumors at that time.  So the Prime Minister showed his determination to tackle this issue using some budge, which became the resolution for the time being.  Mr. Inose also emphasized, "I want the government to tackle this issue as the domestic issue.  We need to go toward the true solution." 

[ 2013年9月20日 18:44
2013 September 20th, 18:44


 演説を見ればわかりますが、首相は「the situation is under control」と言っているわけで、これは未来形でも何でもなく、現在の状況を示します。これを将来の希望と訳したとしたら、落第です。

If you hear the Prime Minister's statement, you can tell that the tense is present in "the situation is under control", not suggesting the future.  If you interpret his words as "a future hope", you will get a "failure" mark at school. 

そして、「影響は港湾内0・3平方キロメートルの範囲内で完全にブロックされている」とのことですが、これももちろんデマ。海洋汚染は下記シミュレーションのように大変深刻な問題(GEOMAR)

And regarding the remark "the impact is thouroughly blocked within the 0.3 square kilometers" is of course a demagogue.  The oceanic contamination is quite serious as shown in the simulation below.
(GEOMAR)

そして、下記の写真を見れば明らかなように5-6号機は港湾内から汚染水を吸引して、外界に放出しつづけている(原子炉内に燃料がありますから当然のこと)

As you can see in the photo below, Fukushima I reactor 5 &6 are using contaminated water for cooling their fuel rods in their reactors from the port area and emit the contaminated water to the outer ocean.

2013092002.jpg

Headline: 60 Billion Bq Emitted per Day to the Outer Port

これで、0.3平方キロに制限していると明言したわけですから、その厚顔無恥ぶりは大したもの。ところが、この知識は一夜漬けであることを本日安倍が曝露してしまいました。

Contrary to this fact, Prime Minister Abe clearly stated that the contamination is limited in 0.3 square kilometers.  How shameless can he be?

However, his knowledge was revealed to be the last-minute cramming.

2013092004.jpg
出展 Prime Minister Abe's Visit to Fukushima Daiichi

汚染水の影響範囲知らず発言か 首相「0・3平方キロはどこ?」
2013年9月20日 19時50分

Prime Minister: Where Is the 0.3 Square Kilometer Area?
-Did you mention without knowing the area of contamination?

2013 September 20, 19:50


 東京電力福島第1原発の汚染水問題をめぐり、安倍晋三首相が19日に現地を視察した際、放射性物質による海洋への影響が抑えられていると説明する東電幹部に、「0・3(平方キロ)は(どこか)」と尋ねていたことが20日、分かった。

Over the contaminated water issue of Fukushima Daiichi, when Prime Minister Abe visited the site on 19th, he  asked TECO managerial staff who was giving explanation, "Where is the 0.3 square kilometer area?"

 首相は東京五輪招致を決めた国際オリンピック委員会(IOC)総会で「汚染水の影響は港湾内0・3平方キロの範囲内で完全にブロックされている」と説明していたが、実際の範囲がどの程度か理解しないまま発言していた可能性がある。


The Prime Minister explained at the IOC meeting where the hosting in Tokyo was decided, "The impact of contaminated water is totally blocked withoin the 0.3 square kilometers," but there is possibility that he made such statment without understanding the area.

 安倍首相は東電の小野明所長から放射性物質の海への流出や海中での拡散を防ぐ対策の説明を受けた際に「0・3は?」と質問した。(共同)


Prime Minister Abe asked, "Where is 0.3?" when he received explanation on outflow of radioactive materials and measures to block the dispersement from the director Akira Ono from TEPCO.


もう、何でもありですが、もうひとつだけ。東京の汚染
『2020東京五輪』を返上しよう!から

There is another report to add from the group, "Let's return the Tokyo Olympics 2020"
https://www.facebook.com/groups/614657261897997/

さきほど、東京都のオリンピックを推進してきた部署に、電話をしました。
猪瀬、竹田、安倍の言っている、東京の汚染はないし、これからも大丈夫だ、という発言について、
本当に汚染は無いのでしょうか?という質問をしました。

Concerned citizen: I made a phone call to the Tokyo Olympics promotion department in Tokyo Metropolitan Government.  I asked a person, "Is there really no contamination though Mr. Inose, Takeda, and Abe said that there is no contamination in Tokyo and will never be."


回答「東京には汚染はありませんよ」

Answer: There is no contamination in Tokyo.

私「え??????????あなた今なんていいましたか???」


Concerned citizen: What??????????? What did you say now?

回答「ですから、東京には汚染がありませんということです」

Answer: So I am saying, there is no contamination in Tokyo.

私「わかりました、では、これから私がいう事をちゃんと聞いていてください。
まず東京都の江戸川区の河川敷の空間線量を測った”公式”のデータがあります。


Concerned citizen: I see. Then please listen to what I am going to say.  Here is the "official air dose data" of river bank area of Edogawa ward.

(下記のリンク参照下さい。See the link below)
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/edg/kasenjiki_sokutei/index.html

そこには、最大空間線量で、0.30μSV/h出ているような場所もあります。
そして、平均値では、除染をする水準の、平均で0.23μSv/hの場所もあります。
江戸川区は、東京都ではなかったでしたっけ?」


The maximum air dose is 0.30μSV/h at some spots.  Even the average is 0.23μSV/h which needs decontamination work.  Are you saying that Edogawa-ward does not belong to Tokyo?

回答「そうです。東京都です」


Answer: Yes, it belongs to Tokyo.

私「では、これを踏まえて、東京に汚染が無いと言えるのでしょうか?」

Concerned citizen: Based on this data, can you say that there is no contamination in Tokyo?

(The next answer was truly an amazing one)
次の回答が驚愕です。

回答「そういうデータがあるのだと思いますが、知事や首相が言っている事が正しいと思います」
A: I guess there is such data, but I believe what the Governor or Prime Minister states are correct.


私「あなた、現実をみる気がありますでしょうか?
幻想の中で、物事論じるのは止めましょう。
事実は認めるが、汚染が無いというのは矛盾してませんかね?」


Concerned Citizen: Do you try to see the reality? Please stop talking about things in your own fantasy.  You admit the fact of the data and say that there is no contamination.  Isn't it contradictory?

回答「ですから、データはそうだと思いますが、汚染は無いです」
以下略


A: YES, I THINK THE DATA SAYS SO, BUT THERE IS NO CONTAMINATION.


 ここまで行くともうあっぱれ。見出しではなく、本文を読んでくれとオリンピックでぬけぬけと言い放ったのは安倍首相でしたが、この役人は首相の言葉だけを信じて、中身などどうでもいいと言っているわけです。このような首相、知事、役人に自分の命を預けていいのですか?

The person in the Tokyo Metropolitan Government was just remarkable...Prime Minister Abe audaciously said, "PLEASE READ THE CONTENTS, NOT THE HEADLINE."
And this bureacrat said that the contents did not matter, just believe in words of the Prime Minister.

Are you OK to put our lives at the stake of such Prime Minister, Governor and the bureaucrats?


ところで、この安倍首相、首相になる前にフクシマを訪問(2012.10.2)
By the way, Mr. Abe visited Fukushima before he became the Prime Minister (2012 October 2)

In the same month, he declined the plea by former Swiss Ambassador Murata saying, "Please evacuate kids in Fukushima."
2013092004.jpg

◆関連ブログ
2020東京五輪-汚染は完全にブロック、健康問題は問題にならない-「自信があるからそういった」安倍首相2013年09月08日

*********小野俊一先生の院長の独り言の転載終わり******************


2013年9月16日月曜日

1mSv避難では間に合わない!早急に7q11遺伝子検査を!1mSv Evacuation is not good enough! Conduct 7q11 gene test!

私は以前から疑問に思っていたのですが、1mSv避難を訴える市民の活動家の方々がいらっしゃいますが、私はこれでは不十分だと思います。

すなわち、この1mSvの中には、初期被曝がほとんど計算されていないこと、そして内部被曝に至っては、ICRP基準で、体内に30000ベクレルもあって、やっと1mSvとみなされるからです。

1mSvの内部被曝=体内300000Bq=60kgの成人で500Bq/kgの体内濃度

すなわち、低レベル放射線廃棄物の5倍にもなる濃度でやっと1mSvとみなされるのです!
このような換算式はまったくおかしな話です!

あろうことか、東大の早野教授チームは、それをもって、1mSvに達した人々はほとんどいないから、福島の人々は大丈夫だと言い張り、妊婦や赤ん坊まで居続けさせるエートスプログラムを推進し、赤ん坊専用のWBC測定器まで9月から導入しました。

これが人体実験でなくていったい何なのでしょうか?

チェルノブイリでも1mSv以上の場所では移住の権利が認められていますが、それでもチェルノブイリで子供の病気は上昇悪化の一途です。つまり1mSv避難でも、間に合わないという事です。

それより確実な方法は、遺伝子検査をすることです。

特に7q11遺伝子に関しては、被曝による甲状腺がんの子供だけに、3つに切れてしまう現象が見られ、その他の甲状腺がんの子供には、まったく見られないという事で、7q11遺伝子さえ調べられれば、原因特定ができるのです!

これを早急に検査する必要があります。

それともう一つ、大事な点が、1mSv以上の避難を求めたり、その他の原発事故関係の問題の解決をしようと裁判に訴えている活動をされている方々がいらっしゃいますが、弁護士の方々が、本当に信頼できる方々なのかどうか、見極める必要があると思います。

私はもともと2001年から2年にかけて、原子力資料情報室に半年務めていたことがあり、内部からおかしな動きをいろいろ見てきました。(私がいた当時、米国財団から予算の半分が来ていた事、地震と原発問題をやらない事、六ヶ所村の橋本村長の自殺とその後の六ヶ所村選挙に関知しない事など)

その原子力資料情報室の役員である海渡雄一弁護士と河合弘之弁護士が、今回3・11の事故後も主要な役割を務めていますが、海渡弁護士は、なぜかもんじゅ西村事件で医療カルテの証拠があるにもかかわらず、自殺他殺を争点にしませんでした。

河合弁護士については、私は実は情報室を六ヶ所村村長の自殺の後、の村長選挙で再処理工場反対の高田さんというエビ釣り漁をしていたおじいさんを応援に個人として週末行った後、秘密裏に解雇されてしまったのですが、その解雇その他の情報を、20万円やるから、口外してくれるなと頼んできた人です。(もちろん20万円はもらっていません!)

このような事情から、裁判に訴えようという人々は、本当に気を付ける必要があると思います。

原告側と弁護側で権力に通じ、結果のわかっているタイミングのよい茶番劇を演じているのに、知らない市民の人々が載せられ、もっと大事なことをするためのエネルギーや時間を可能性があるからです。


7q11遺伝子について:

http://www.pnas.org/content/early/2011/05/18/1017137108.abstract
から転載

Gain of chromosome band 7q11 in papillary thyroid carcinomas of young patients is associated with exposure to low-dose irradiation

  1. Kristian Ungerb,1
  1. Edited* by Janet D. Rowley, University of Chicago, Chicago, IL, and approved April 26, 2011 (received for review November 21, 2010)

Abstract

The main consequence of the Chernobyl accident has been an increase in papillary thyroid carcinomas (PTCs) in those exposed to radioactive fallout as young children. Our aim was to identify genomic alterations that are associated with exposure to radiation. We used array comparative genomic hybridization to analyze a main (n = 52) and a validation cohort (n = 28) of PTC from patients aged <25 y at operation and matched for age at diagnosis and residency. Both cohorts consisted of patients exposed and not exposed to radioiodine fallout. The study showed association of a gain on chromosome 7 (7q11.22–11.23) with exposure (false discovery rate = 0.035). Thirty-nine percent of the exposed group showed the alteration; however, it was not found in a single case from the unexposed group. This was confirmed in the validation set. Because only a subgroup of cases in the exposed groups showed gain of 7q11.22–11.23, it is likely that different molecular subgroups and routes of radiation-induced carcinogenesis exist. The candidate gene CLIP2 was specifically overexpressed in the exposed cases. In addition, the expression of the genes PMS2L11, PMS2L3, and STAG3L3 correlated with gain of 7q11.22–11.23. An enrichment of Gene Ontology terms “DNA repair” (PMS2L3, PMS2L5), “response to DNA damage stimulus” (BAZ1B, PMS2L3, PMS2L5, RFC2), and “cell–cell adhesion” (CLDN3, CLDN4) was found. This study, using matched exposed and unexposed cohorts, provides insights into the radiation-related carcinogenesis of young-onset PTC and, with the exposure-specific gain of 7q11 and overexpression of the CLIP2 gene, radiation-specific molecular markers.

Footnotes

  • Author contributions: G.T., H.Z., and K.U. designed research; J.H., V.B., T.B., J.W., and K.U. performed research; H.B. contributed new reagents/analytic tools; J.H., G.T., H.B., and K.U. analyzed data; and J.H., G.T., V.B., H.Z., and K.U. wrote the paper.
  • The authors declare no conflict of interest.
  • *This Direct Submission article had a prearranged editor.
  • This article contains supporting information online at www.pnas.org/lookup/suppl/doi:10.1073/pnas.1017137108/-/DCSupplemental.


2013年9月14日土曜日

Radiation fears forced me to postpone Japan visit by U.S. students放射能が怖いので米国学生の日本訪問を延期せざるを得なかった

Dear all, please do read the following article. A US student who stayed in Tohoku only several days even developed symptom of radiation exposure such as vomitting and nose bleeding.

皆さん、下の記事をご覧ください。東北に数日滞在しただけの米国の学生でさえ、嘔吐、鼻血などの症状を呈しています。

Pregnant women and children have been living in these contaminated areas in Japan.  Please help Japanese kids and future generations!

そんな場所に妊婦も子供もいる日本。どうか、日本の子供、未来世代を助けてください!


*************************************

 

Japan Timesからの転載

http://www.japantimes.co.jp/community/2013/08/12/voices/radiation-fears-forced-me-to-postpone-japan-visit-by-u-s-students/#.UjQOAtGCjIW より



Dear Minister of Education Hakubun Shimomura,
下村文部科学相へ

I use the words “in principle” because in April of this year I was forced to make one of the most difficult decisions of my teaching career at the tertiary level: I was forced to recommend to the university authorities where I was employed that they postpone their planned Study Abroad Program in Japan scheduled for the fall of 2013.

「原則的には」という言葉を使わせていただきます。今年4月、私は自分の高等教諭生活で最も難しい決断を迫られました。私が雇われている大学当局に、2013年秋に実施予定であった「日本での留学プログラム」の延期を勧告せざるを得ませんでした。

While I deeply regretted this recommendation, I honestly felt that in good conscience I had no choice. That is to say, in March 2013 I attended a two-day Fukushima-related medical seminar at the New York Academy of Sciences where I learned, for the first time, the full scope of the ongoing dangers posed by radiation contamination from the Fukushima No. 1 nuclear plant.

私はこの勧告自体は、非常に残念に思っています。しかし、私の両親に照らし合わせ、私には他の選択肢はありませんでした。2013年3月に、ニューヨーク医学アカデミーで、私は2日間にわたる福島関連の医学セミナーに参加しました。そして初めて、福島第一からの放射能汚染による進行中の危険についての全体像を学ぶことができたのです。

(翻訳者注:日本からの発言者は崎山比早子さんと松村昭雄さんでしたが、お二人とも福島事故による健康被害については触れていませんでした。
ですから、この方は恐らく2日目のランチミーティングで行われた、日本からの健康被害報告を聞いていただけたのだと思います。川井かつこさん、橋本百合香さん、私も自分と息子も含めた、この時、健康被害の話をさせていただきました~
自腹で行った甲斐が少しはありました。。。http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013_06_01_archive.html
http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/04/ny-symposium-on-fukushimany.html

This knowledge was compounded by the fact that, upon returning to my home in Yellow Springs, Ohio, I was contacted by a 2012 Study Abroad Program participant who informed me that she had suffered from such symptoms as vomiting, nosebleeds and recurring headaches, all symptoms typically associated with radiation contamination. I was forced to take action.

2012年の留学プログラムから私がオハイオのイエロースプリングの自宅に帰る際、一人の参加者が、この時得た知識と似たような症状を呈していました。嘔吐、鼻血、しつこい頭痛、放射線汚染と関連する典型的な症状でした。私は行動せずにはいられませんでした。

True, the student in question made a personal choice to visit the Tohoku region during the individual research period that was part of the Study Abroad Program. Thus, one reasonable response would have been to forbid 2013 students from traveling anywhere north of Tokyo. As I considered this option, however, I could not but recall the warnings given by nuclear and medical experts both inside and outside of Japan concerning the danger of additional major radiation contamination coming from Fukushima No. 1.
Thus, I regretfully came to the conclusion that I could not expose students, especially female students of childbearing age, to the possible danger of radiation contamination, and informed the university accordingly.

実際、この生徒はこの留学プログラムで、個人研究の期間は、東北を訪問場所として選んでいました。そういうことで、2013年の留学では、東京以北への訪問は禁じることが筋のある応対だと思いました。

そしてこの選択を考える際、福島第一からくる放射線汚染の新たな危険性について、日本以外の原子力や医療の専門家からの警告を思い起こさずにはいられませんでした。

そういうことで、残念ながら私は生徒を被曝させることはできない、特に子供を産む年齢の女生徒を放射能の危険性に晒させることはできないという結論にたどり着き、その旨を大学側に伝えました。

Sadly, in the ensuing months the situation at Fukushima No. 1 has only worsened. Only recently Tepco finally admitted that 2.35 billion becquerels of cesium per liter of water, roughly the same as that measured right after the crisis began in spring 2011, has accumulated in groundwater tested around Fukushima No. 1, from where it then seeps into the ocean.

残念なことに、福島第一はその後、悪化の一途をたどっています。最近になってやっと東電は、事故直後とだいたい同じ濃度のリットル当たり23.5億ベクレルのセシウムが福島第一の地下にたまっており、海に流れ出していることを発表しました。

Needless to say, this amount of radiation is millions of times higher than Japan’s acceptable limit.
With this radiation now spewing uncontrolled into the ocean, it is no longer possible to simply avoid the danger by not traveling to the Fukushima area.

言うまでもなく、許容量の何百万倍もの放射能です。このような放射能がコントロールされずに海に流れ出し絵ちるのなら、福島にただ訪問しなければ回避されるという危険性ではありません。

That is to say, fish are swimming in an ever more heavily contaminated environment where radiation bio-accumulates in the seafood. Thus the largest fish, which eat the most, often live the longest and swim great distances, become the most contaminated, and it is simply impossible for the Japanese government, or any government, to check every fish caught to ensure its safety.

すなわち、魚は魚介類に生体濃縮が起きるため、さらにひどく汚染された状況で泳いでいます。それで私たちが最もよく食する、長く生きて長距離泳ぐ大型の魚は、最も汚染されたものとなります。日本政府にもその他の政府にも、すべての魚を捕まえて安全性を確認することは不可能です。

Another solution I seriously considered was for 2013 program students to become vegetarians while in Japan. However, to my dismay I recently learned, from an article published by the Fukushima Minpo newspaper on Jan. 24, that the Japanese government plans to purchase contaminated rice grown in Fukushima Prefecture (providing it contains less than 100 becquerels/kg) and later sell it nationwide.

私が真剣に考えたのは、2013年のプログラムで、生徒には日本にいる間、ベジタリアンになってもらう事でした。しかし、がっかりしたのは、1月24日の福島民報によれば、日本政府が福島県で栽培された汚染米(100Bq/kg以下を条件として)を買い取り、全国で売る予定であるということでした。

I fully realize, Minister Shimomura, that you are not in charge of decisions related to Fukushima No. 1. But as a Cabinet minister, l appeal to you to add your voice to those demanding that effective measures be taken immediately.

下村大臣、私はあなたが福島第一関連の意思決定責任者でないことは存じています。しかし、閣僚として、実行力のある対策を早急にとるように求めていってほしいと思います。


One eminently reasonable proposal is for the Japanese government to take complete responsibility for the clean-up operation, given Tepco’s demonstrated incompetence. Then, calling on the best expertise from throughout the world, all effective measures, regardless of cost, should be taken to completely stop additional radiation from the disaster contaminating the environment.

日本政府に明白にふさわしい提案としては、政府が、能力に欠けた東電に代わって除染作業をすることです。それから、世界中から最も優秀な専門家に呼びかけ、すべての効果的な対策をコストに関わらず行い、災害から生じた放射能の環境への放出を完全に抑えることです。


Needless to say, these measures should be taken first and foremost to protect the Japanese people themselves. But, additionally, this would allow educators like myself to once again recommend, in good conscience, that foreign students study in Japan.
I long for that day to come.

言うまでもなく、これらの対策は、日本の人々を守るためにこそ、まず講じられるべきです。

そして、そうすることによって私のような良心を持つ教育者が、日本に留学するのを生徒に許可することができるのです。そのような日が来ることを望んでいます。


BRIAN VICTORIA
Yellow Springs, Ohio