2013年8月31日土曜日

Health hazards of Fukushima family right after the accident郡山市出身のある方からの健康被害報告(UNSCEAR国連科学委員会と国連人権理事会に英訳提出済み)


Japanese text followed by English text, which had been submitted to UN Human Rights Council in 2012 November and UNSCEAR in June 2013. 

原発事故当時とその後の体調不良について 
(日英、国連に提出済みだが返事はない)

 
私たち一家(夫婦と子ども一人)は、東日本大震災が発生した2011311日、福島県郡山市に住んでいました。福島第一原発が次々と爆発していた間、それを知らずに公園で給水車の列に並び、食料を求めて街を歩きまわっていました。隣近所の人、一緒に給水車に並んだ人々、食品を売ってくれた商店の人たち、親戚たち、みんな爆発の事実を知りませんでした。その後、「どうやら、浜通りの原発に何かあったらしい」という噂が流れ、何が起きたのかはっきりしないうちに、機動隊や東京消防庁などが原発に水をかけて鎮めているところがテレビに映り、なし崩し的に爆発があったことがわかりました。

事故当時、一家3人に体調不調が始まりました。喉の腫れ、喉の痛み、強烈な偏頭痛、目の充血、下痢、鼻血、筋肉の引きつり、痙攣をともなった心臓の強烈な痛み、同時に起きる全身症状です。3月26日あたりと記憶していますが、原子力保安院で健康相談を開始したとのニュースを見て、電話をしました。一家そろって起きた症状を相談すると、「喉が痛いのは感染症です。一家そろってであれば、感染症に間違いありません。早く病院に行って、お医者さんから感染症の診断書をもらってきなさい」の答えでした。ろくに話も聞かずに、感染症、感染症と繰り返し、質問を続けると「放射能の健康への影響は、5年後に始まる子どもの甲状腺がんだけです。それ以外のことは起きません」との答えでした。

そして、その直後、長崎医大の山下教授が福島県にやってきました。福島県の放射線アドバイザーとなり、「放射能を正しく怖がりましょう。デマや放射能をむやみに怖がる人たちの言葉に惑わされないように」と、福島市や郡山市など県内各地で講演会を始めました。各戸に無料で配られるタブロイド版の新聞(フジサンケイリビング)にも、第一面に大きく、「放射能を正しく怖がろう」と山下教授のインタビュー記事が載りました。

 4月中旬、私は福島県庁の相談係に電話をしました。「心配ありません。年間20mSvでは、健康に影響が出ません。ICRPによれば、100mSvでも、その影響はわずかだと言います。癌の発生率が0.5%上がるだけです。安心してください。ICRPが国際基準をつくる国際組織なのだから、安心して信頼できますよ」と県庁の人になぐさめられました。この人は、こちらの質問にスラスラ答えたわけではなく、すぐに言葉に詰まってしまい、「ちょっと待ってて」と、何度も上の人に答え方を聞きに電話から離れます。電話を待つ間、同じ部屋で次々と電話が鳴って、ほかの職員が対応に出ている様子が聞き取れました。「心配しないで」「大丈夫」「安全です」と職員の人たちが繰り返し繰り返し言っていました。

このころ、郡山市の公民館や町内会の集会所、商工会議所などで、大学の先生や、大きな病院の医師が放射能講座を開いていました。案内チラシを読むと、「放射能はそれほど恐れるものでもない」という内容の講座でした。

結局、私たち一家は、東京に避難しました。同じ避難所にいた人も、保安院に電話をしてそっくり同じ対応をされたとの話を聞きました。東京で催される福島から避難した人々の集いでも、いろいろな市や町からの人と話をしましたが、数多くの人がなにがしかの体調不良を持っていました。大人は持病の悪化が格段に多く、子どもは鼻血と嘔吐、下痢でした。持病の悪化、急な入院、持病の手術、精神的な不安定など本当に多様です。他に橋本病と診断を受けた人もいます。

ところが、同じ避難所にいた人で、宮城、岩手からの人に尋ねましたが、このような症状はありませんでした。

事故当時、私たちが経験したのは、異常な冷え、顔の皮膚のヒリヒリ感、喉・鼻・目のヒリヒリとした痛み、鼻血、目の充血、嘔吐、腹痛、腹痛、極度の食欲不振、歯茎からの出血、心臓の痙攣のような激痛、偏頭痛、大きな紅斑、全身の痛み、腰痛などです。

事故後は、倦怠感、血圧の上昇、飛蚊症、爪の変形、頭痛、疲労、鼻血、下痢、手の震え、足や腕に水泡のようなもの、だるさ、倦怠感、極端な物忘れ、血圧が非常に高くなる、左足大腿部の激痛、筋肉の硬直や引きつり、胸の痛み、頭髪の脱毛、切りキズで大量に出血、爪の変形、心臓の痛み、筋肉痛、手足のつりなど、中枢神経症状、病気と呼ぶには小さいけれども、いちどきに同時に体験する症状でした。

こうした症状は、たいてい震災によるストレスと言われます。実際、原発事故以降に起きたことは大変なことばかりで、精神的苦痛のあまりにさまざまな症状が出ていると思っていました。 

しかし、精神的ストレスでは説明がつかないこともあり、自分でいろいろ調べてみました。チェルノブイリ事故直後の健康被害の記録、これは長い間ソ連政府によって秘密にされていました。この文書には、事故直後たくさんの人々が体に変調をきたして病院に運び込まれていた状況が記録されていました。さらに、事故後25年後のベラルーシや、ウクライナの報告書。これらに記載されている健康問題を知り、自分たちの身に起きていることが放射能と関わりを持つことがわかってきました。 

昨年末、ホールボディカウンターで一家3人の内部被ばく量を測ったところ、危険領域に入る数値が出ました。キログラムあたり、50Brに近い数値でした。私たちは事故から1か月半後に東京に避難し、郡山と東京を行き来していました。子どもは、郡山に帰るたびに、鼻血を出しました。

その郡山市や、同じ中通りの福島市や二本松市,伊達市など、放射線の年間被ばく量が軽く1mSvを越える地域に、ずっと住み続けている人たちが100万人以上いるのです。

子ども、妊婦さん、赤ちゃんの内部被ばく量が、とても心配です。

また、福島市在住の子育て中のお母さんから直接聞いた話があります。ホールボディカウンターは、どれも順番待ちなので、待ちきれず3つの場所に申し込みをしたそうです。その結果、偶然ほぼ同じ時期に、違う場所で続けて測ることになりました。初めに民間の測定所。その翌日は、県の測定所。一週間後が、隣の市の市民病院です。民間の測定所での結果は一番数値が高く、次が市民病院でした。しかし、この二つの施設の数字にはそれほど開きはありませんでした。ところが、県の測定所では不検出でした。彼女の友人も、県の測定所では不検出でしたが、市民病院では数値がでました。

高齢者は、持病の悪化、認知症の進行、急な死亡が増えています。子どもたちの間にも、喉の異常や、放射能関連死と思われる死亡が起きています。(中手聖一さんの資料と福島県の甲状腺異常の資料添付)

私たちは、自分たちの経験から、これ以上放射能に汚染された地域で人々が暮らし続けると、とんでもない事態を招くことになると予測しています。この翻訳をしてくれる竹野内さんも、お子さんを連れて避難しています。原発の爆発事故一か月後くらいから発熱や咳などの症状で3か月母子とも体調を壊したと言います。

福島県内を視察した外国からの医師たちも、同じ見解です。(IPPNWの見解を見てください)

国と県は、20mSv/年で健康に問題は起きないとしていますが、実際は、県内各地(浜通り、中通り)で、体の不調を感じている人はたくさんいます。しかし、放射能について口にできない社会的な圧力のために、どこにも訴えていくところがありません。誰もが、人間として健康に生きる権利を持っています。恐怖と不安の中で暮らすことを強いられている今の状態は、人権侵害そのものではないでしょうか。体調不良を気のせい、ストレスのせいとして正当な治療や療養を受けさせないでいるのも、人権侵害です。

福島の子どもたち、大人たち、そして赤ちゃんと妊婦さん、一刻でも早く安全な地域に避難するべきと考えます。







Fukushima Accident and Health Problems Afterwards

A citizen from Kooriyama
 

On March 11 2011, I was in Kooriyama city in Fukushima prefecture.  When Fukushima Daiichi nuclear reactors exploded one after another, I was waiting in line for water distribution truck and wondered around the town searching for food.  All my neighbors, people in lines, food shop owners, my relatives did not know anything about these explosions.  Sometime afterwards, a rumor was heard.  “Seems like there has been some accident in the nuclear power plant.”  Before we knew what was going on, TV showed a group of riot police and Tokyo Fire Defense brigades spraying water on nuclear reactors to control the accident, and then we came to realize that there had even been some explosions.

When the explosions took place, all the three members of my family started to show some symptoms.  Swollen throat and pain, severe migraine, red eyes, diarrhea, nose bleeding, tense muscle, strong pain around heart with convulsion…all these symptoms occurred at one time. 

When I heard of a news of the startup of a health consultation by the Nuclear and Industrial Safety Agency around March 26th, I made a phone call and asked about our familiy’s simultaneous symptoms.  Their answer was, “The throat pain is caused by some infection.  If all of your family members have throat pain, it should be some infection.  Go see a doctor fast and get a doctor’s medical certificate of some infections disease.”  They solely repeated, “some infectious disease” over and over, without listening to my story.  When I kept asking, their reply was, “The impact of health by radiation is only child thyroid cancer, which would emerge only 5 years after.  Nothing else would happen.”

Right after that, Professor Shunichi Yamashita from Nagasaki University came to Fukushima prefecture.  He became a radiation expert advisor and started lectures in Fukushima, Kooriyama and other places in Fukushima, saying, “Be aware of radiation in a right way.  Do not be mislead by demagogies and radiophobic peoples’ words.”  In the free tabloid newspaper, Fuji Sankei Living, distributed in each household, the headline banner said, “Be aware of radiation in a right way” along with the interview article by Professor Yamashita.

 In the middle of April, I made a phone call to a telephone consultant at Fukushima prefecture.  He consoled me saying, “Please do not worry.  20mSV would not cause any health impact.  According to ICRP, even 100mSV would cause a very slight impact, which is only 0.5% rise in cancer incidence.  Please feel safe.  You can trust ICRP since it is an international organization that established international standards.” This person did not speak fluently and instead, he seemed lost for words many times and left the phone to ask for something for his boss, saying, “Hold on a second.”  While I was waiting, I could hear many phones ringing in the same room, and other prefectural staff members were answering them.  All of them were saying the same words, “Do not worry,” ”It’s OK,” “It’s safe.”

At that time, University professors, doctors from big hospitals were holding radiation seminars at public halls, township gathering places, and chamber of commerce office.

After all, our family evacuated to Tokyo.  Other people who stayed in the same evacuation place told me that they were told the same things when they called the Nuclear Agency.  In the gatherings of Fukushima evacuees in Tokyo, I talked with many people from various cities and towns, and many of them had some sort of bad physical conditions.  In case of adults, deterioration of their chronic diseases was by far the most observed ones, while children had nose bleeding, vomiting and diarrhea.  Sudden hospitalization, necessity of operation on chronic disease, mental instability and all sorts of things were heard.  Some people were diagnosed as Hashimoto thyroid disease.  

However, when I asked evacuees from Miyagi and Iwate prefectures, I have never heard of these symptoms.

At the time of the accident, what we experienced were, abnormal chilling, irritation of face skin, soreness of throat, nose, and eyes, nose bleeding, red eyes, vomiting, stomach pains, extreme loss of appetite, gum bleeding, strong pain of heart with convulsion, migraine, erythema, back pain and whole body pain, and so on.   

Sometime after the accident, we experienced sluggishness, rise of blood pressure, eye floater, nail deformation, headache, fatigue, nose bleeding, diarrhea, shaky hands, blisters on legs and arms, malaise, extreme forgetfulness, sharp rise of blood pressure, acute pain of left thigh area, muscle stiffness and cramp, heart pain, loss of hair, massive bleeding from cut, heart pain, muscle pain, central nervous system disorders.  Each single example seemed to be a minor trouble, but many of these symptoms came at one time.

All these symptoms were always attributed to stress triggered by the disaster.  There may have been some symptoms due to severe mental pains caused by many hardships from the nuclear accident.  However, there have been many symptoms that cannot be explained solely by mental stress, so I made some research. 

Health records right after Chernobyl accident was kept secret by the Soviet Government for a long time.  In the secret documents, there were records of numerous number of people carried into hospitals due to physical abnormalities.  I also went through Belarusian and Ukranian reports 25 years after Chernobyl.  After I read these health problems, I came to realize that what was happening to ourselves was related to radiation.

At the end of 2011, I measured the internal radiation dose of our family by whole body counter, then the figures were nearly 50Bq/kg, which was in the range of caution.  I evacuated to Tokyo one and half months after the accident and since then, I went back and forth between Kooriyama and Tokyo.  My son always had nose bleeding whenever we went back to Kooriyama.

There are more than one million people still living in areas well over 1mSV/year such as in Kooriyama, Fukushima, Nihonmatsu, Date city.  I am very concerned about internal dose of children, pregnant woman and babies.

I also heard a story from a child rearing mother from Fukushima city.  She applied for three places for waiting list for whole body counter measurement. As a result, she was able to measure at two different places almost at the same time.  1st place was privately owned place and the 2nd place was a prefectural place. The figure was highest at the privately owned place and the second high was the city hospital, and there was not much difference between the first and second places.  But the prefectural place showed ND-Not Detectable.  Her friends also said their figures were ND at the prefectural place but they got some positive figures at the city hospital.

Among the aged, the cases of aggravated chronic disease, cognitive impairment, and sudden death is increasing.  Even among children, throat abnormalities and death that might be related to radiation is occurring.

Through our experiences, we predict that a grave situation would take place if people continue living in the contaminated areas any longer.  Doctors from IPPNW who visited Fukushima has the same opinion.  Mari Takenouchi, the translator of this document also escaped with her son.  Even though she was from Tokyo, both she and her son had health problems.  

The government and the prefecture states that there will be no health problem up to 20mSV/year, but there are many people who are suffering from some health problems in various areas in Fukushima.  However, due to the social pressure under which people cannot speak out their thoughts, they have nowhere to appeal. 

Every human being has the right to live.  I think it is an infringement of human rights if the government attributes people’s health problems solely to stress and give no proper health care and treatment.

I strongly believe that people in Fukushima, especially babies, children and pregnant women should be evacuated at the earliest possible timing from Fukushima.

 

5 件のコメント:

  1. ★★★どうやら竹之内さんは私と同じような体調不良ですね新潟県新潟市西蒲区でした

    返信削除
  2. 出来れば、英訳を頂けませんでしょうか?フランスのリヨンで、9月末に福島原発事故被災について、ローヌ県FoEの集まりがあるので、そこで配布出来ればと思うのですが、、、、
    ご検討いただけるようでしたら、次のメルアドまでご連絡いただけると幸いです。
    ks4ggl(AT)gmail.com

    返信削除
  3. こちらは、郡山市の方の症状です。やまよしさん、竹野内の症状ではありません。

    それから、FOEの方ですか!オーストリアのFOEの方を訪ねた時に、非常におかしな応対をされました。後半をご覧いただけますでしょうか?http://takenouchimari.blogspot.jp/2013/06/blog-post.html
    どうなっているのだか、ご存知でしたら教えてください。
    英文は後半に張り付けましたので、ご覧下さい。

    竹野内真理拝

    返信削除
  4. 汚染水も事故収束も今すぐにできる技術を政府はずっと隠蔽している。
    去年11月にケッシュ財団から受け取った技術を使えば今すぐにでも対策に当たれる。

    http://www.onpa.tv/2013/08/11/1893

    http://sunshine849.blog.fc2.com/blog-entry-118.html

    http://blog.goo.ne.jp/narudekon/e/a614779c0fb09de38540b4e86e5c99da

    ケッシュ財団の技術だけが根本的かつ迅速に対応することができる。東電にもIAEAにも当然不可能。

    返信削除
  5. 私はよくわからないのですが、何か良い技術があるのなら、東電に直接教えて差し上げてください。

    返信削除